ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net

事務所に意見を伝えるアーティストサポート型 ハロプロ応援サイト

2006/10/09相模大野公演中止時の係員の対応について(16) 06年10月11日

アンケート詳細

2006/10/09に相模大野で開催予定だった「松浦亜弥コンサートツアー2006秋〜進化ノ季節…〜」が本人の体調不良のため中止になった件で、当日会場での係員の対応についてどのように感じたか教えてください。

良かった点、悪かった点、対応方法についての要望など、批判的な意見でも構いませんので、何かありましたらコメントも添えていただけると幸いです。

このアンケートはハートプロジェクトが独自に行っているもので、アップフロント事務所等と直接の関係はございませんが、できるだけ多くのファンの意見を関係者の方に伝え、ファンとメンバーのみならず、イベントに関わる全ての人達がよりよい関係を作れることを目的としています。
是非アンケートにご協力をお願いいたします。

投票フォーム

 項目名投票数比率
4位とても良かった
 0 p0 %
4位良かった
 0 p0 %
3位ふつう
 3 p18 %
2位良くなかった
 4 p25 %
1位とても良くなかった
 9 p56 %
4位その他
 0 p0 %

このアンケートへのコメント

6 件を表示

UFA-625AM 30 代 | 男性 | 会員 | 年31回以上 | 常連客 06年10月13日 03時10分

  • とても良くなかった

実際に会場にいた者としては最低の対応でした。
開場が押したら開演が遅れるのは当然ですが
それでも限度があります。

ましてや1公演だけなら1時間押しても
開催できますが夜公演もありましたから
どう逆算しても30分押しが限度です。

遠征組はギリギリの時間で予定してますから
夜は定刻開始でなんとかなるぐらいで
開演が遅れたら最悪アンコールは
断念しないといけなくなる場合もあります。

昼だけ強行して悪化して夜中止でも
結果は最悪なのでして中止の決断するのが
あまりにも遅すぎたというのが感想です。

かず兄 30 代 | 男性 | 会員 | 年10回以下 | オドリスト 06年10月12日 21時54分

  • ふつう

当日、会場にはいませんでしたが、知り合いが参加していたので、伝聞で聞いています。

で、私が思ったのは、普通の対応だな、ということです。

まず最初の理由を「機材トラブル」にした理由。
もしかしたら松浦の体調が回復して、若干遅れて開演できる状態になった時に、もし最初から「松浦の体調が優れないので開演を遅らせます」と言っていたら、素直にコンサート楽しめますか?
少なくともお客さんにそんなことで心配をさせたくないのは松浦本人はもちろん、スタッフも同じ考えです。開演した時に、お客さんに余計な心配をさせないために、「機材トラブル」という理由は間違っていないと思います。

開演の遅れの放送が少ないというのも、「機材トラブル」を理由にしているからこそで、入場する時に「機材トラブルで開演が遅れる」というのは周知しているはずですから、会場内で説明など必要ないでしょう。

「医師の判断で中止にした」のも、最後まで松浦本人はコンサートを開催したかったのでしょう。そのためになにか対処できることがあるかも、なにか治療をしてもらえたら開催できるかもと思い、スタッフも医師に診せたのでしょう。その医師が最終的に「無理」という結論を出したのですから、スタッフの対応はなんら間違っているとは思いません。
「医師に診せるくらいの状況」ではなく、「医師に診せることで開催できるかも」というスタッフの前向きな考え方だと思います。

あと、「少しでも松浦の姿をファンに見せるべきだった」という意見ですが、そんなことしたら逆に会場が混乱すると思います。ファンならば「早く帰ってゆっくり休め」と思うでしょうし、ヤジっていたという輩は「出てこれるなら歌えや」くらいの事は言うでしょうし。実際に「金返せ」とかヤジっていたヤツもいたと聞いています。
会場に松浦が来ているか疑っているのは、ファンではありません。もし本当に会場に来ていないのなら、1時間以上も待たせるわけなく、とっとと中止にしているでしょう。もちろん松浦本人は事務所解雇、多額の違約金を支払うことになるでしょう。

今回の事でファンをやめるのならば、その人たちは本当のファンではないでしょう。
今回のスタッフの対応はベターで、他の歌手の人でも同じような対応をしたと思います。

キャメラブ 20 代 | 男性 | 会員 | 年30回以下 | 一般の方 06年10月12日 02時01分

  • とても良くなかった

その日会場にいました。

一つ目は開場遅れの理由に機材トラブルと言っていたことですね。

二つ目は入場させてしまったことですね、これで本当に機材トラブルとおもいこんでしまいました。

三つ目は入ってからの状況説明がまったく無かった所ですね、最初に機材トラブルとか言う中途半端の言い訳のせいで開場遅れのお詫びと開演遅れの放送が二回あっただけだったきがします。

四つ目が当初の開演時間から一時間くらいたってからの中止コメントで「本人とスッタフは開催に努力したが医師の判断で中止にした」て内容だった気がしますが、医者にみせるくらいの状況なのにスタッフも開催させようと努力するのはどうかと思います。
これって医者以外本人の心配してませんよね。

「本人がやりたがったが本人の今後お思い医者にみせあきらめさせた」ぐらいのほうが良かった気がします。

次の日まで機材トラブルだと大混乱になるからあややさんが悪者になったと思っていました。

ウルトラスーパーのんストップ22号 30 代 | 男性 | 会員 | 年31回以上 | 常連客 06年10月12日 00時33分

  • 良くなかった

ファンに心配をかけさせないためだとしても
当初は別の理由による開演遅れと発表して真実を隠そうとしたことが、かえって不安感を煽ってしまうかもしれません。

場内放送の回数が少なかったのも良くなかったです。





ろんたこ 30 代 | 男性 | 会員 | 年31回以上 06年10月11日 22時32分

  • とても良くなかった

嘘をついてまで隠す事ではなかった。最初からきちっと事情を説明すればファンも納得したはず。それに説明だけでうわべだけの謝罪の言葉で誠意を全く感じなかった。

通りすがり 20 代 | 女性 | 会員 | 年31回以上 | 一般客 06年10月11日 07時32分

  • とても良くなかった

今回の件について、現場に参加していたわけではないですが
現地での混乱具合等は色々な媒体からある程度は理解しているつもりです。

出演者である、亜弥ちゃんが頑張りたかった気持ちは汲みたい
そこは何がどうあれ変わりません

だから、時間を延ばすなどのことにはある程度目はつぶれたと思います。
自分がそこにいたとしても、それを最初から提示されていればいくらでも待ったでしょうから。
しかし、問題点は「機材トラブルによる」時間の延長だと言っていたこと。
1時間も延長していたのに、嘘の適当な理由で客を待たせていたことは常識的にいって誰がどう見てもおかしい。
その場にいたスタッフが「とりあえず開演時間を延ばせ」と指示されていたにしろ
結局のところ、あとから本当の理由がバレてしまっては意味がない。
客として反感を抱くのは当たり前のことです。
100歩譲ってバレない嘘ならいいとして。なら、なぜもっと早くにスタッフ達に指示を出さないのか。
対応の手際がなっていない。コンサートを初めて行う会社なわけでもないのに。

あと問題点を上げるとしたなら、松浦さんの姿を少しでもFANに見せるべきだったのではないかということ。
しゃべれなくても良かった。一目、松浦亜弥さんの姿を見たかったという意見も多く見ました。
事実、その日その場に彼女がいたのか疑ってかかるFANもいるんです。
悪い噂・デマなどは回るのが早いんです。彼女が今まで努力して築いてきたものが一瞬にして脆くなるんです。
彼女のFANの一人として、それが凄く悲しい。本人は知るよしもないでしょう。
スタッフの対応や、事務所の発表の仕方に不満を抱き離れていくFANがいるなんて。

彼女を見るために、遠くからわざわざその日のために来た人もいたでしょう。
その思いを踏みにじるような客への対応では・・・FANが離れても何も言えないのではないでしょうか。

もっと誠意ある対応を心がけて頂きたいです。

ハートプロジェクト。netは著作権や肖像権を十分考慮し、ハロプロ関係の画像を一切使用しておりません
Since 2004/11/14 Copyright (C) 2004 - 2005 HeartProject.net All Rights Reserved
HeartProject.net / Mail / 管理者:ミスケン / twitter @misuken_now