ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net

事務所に意見を伝えるアーティストサポート型 ハロプロ応援サイト

今更ですが、℃-uteのCD販促イベントに参加しての個人的な感想 12年12月07日 21時02分

いきなりで今更ですが、℃-uteのCD販促イベントに参加しての感想を書きたいと思います。

9月8日(土) アリオ八尾 ℃-ute「会いたい会いたい会いたいな」発売記念イベント

この日、僕は、大阪・御堂会館での娘。のチェキ会を昼までに終えて、℃-uteのイベントが行われる八尾へ向かった。地下鉄と近鉄電車を乗り継ぎ、会場のアリオ八尾に到着し、HMVの店頭でCDを購入し、イベント参加券を入手し、開演を待つことに。僕はこういうショッピングモールでのイベントでは一般の人の反応が気になるので、吹き抜けの4階というあまりヲタ濃度が濃くない場所で観てみました。そうすると一般の人の会話が否応なしに耳に入ってくる。僕の近くに陣取った女子中学生のグループなんかは、「誰が来るんやろうね?」「AKB?」「AKBが来たら大変な事になるやろ」などと仲間内で会話してて、出演者が℃-uteだと分かると、「誰?」「知らねー」などと言っていたが、その場を離れるという事はなく、イベントそのものは観ていた。僕はこの会話を聞いていて、やはり一般大衆というものはマスメディアに影響されやすいんだなと改めて思った。一般大衆の間では、女性アイドル=AKBってのがマスメディアによって刷り込まれちゃってるんだよね。悲しいかな、これが現実なんだよなと思った。自ら情報を取りに行く人より、テレビからの情報を受動的に疑う事もなく信じちゃってる人がまだまだ多いっていうかさ。その女子中学生のグループ、公演中はメンバーのパフォーマンスそっちのけで、主にヲタの方を面白がってというか嘲り笑うみたいな感じで見ちゃってました・・・・・・。別にヲタの方も派手なヲタ芸してたり奇声発したりしてなかったのに、なんか、一般の人にとっては、ヲタが「オイ!オイ!」声出すだけでも珍しく感じるらしい。メンバーのパフォーマンス(ダンスも歌も)が素晴らしかっただけに、なんか勿体無いなあ・・・。近くを通った一般の買い物客のおばちゃんも「うるさいわね・・・。」と言いながら通り過ぎて行ったが、確かにヲタの声量はすごいものがあったね。プロ野球の阪神やロッテの応援より声出てるんじゃないかってくらいだった。どうも一般の人はヲタの応援に驚いちゃう傾向があるよね。そのせいでメンバーに注目が行かなかったりするのは残念な事だよね。あと、課題だと思ったのは、もっと看板立てたり、ポスター貼ったりして欲しかったってとこかな。実際、僕自身、公演中に一般の買い物客の人に「出てるの誰なんですか?」と聞かれて、僕は、「℃-uteっていうアイドルグループで、モーニング娘。の仲間で・・・。」みたいな感じで答えたんだけど、通りすがりの人にも演者が誰なのか一目で分かるようにして欲しかったな、と。握手会の方はですね、℃-uteのメンバー、皆感じ良かったです。イベント観て興味持った人がCD買える余地を残してたのがすごく良かったね。特設のCD販売のコーナーに続々と人が並んでました。

ハロプロにとっては厳しい冷たい現実(AKB陣営がマスメディアを席巻している影響等)も改めて分かったけど、この八尾でのイベントみたいな形がCD販促イベントの理想形なのかなと思った日でしたね。せっかく興味持ってくれた通行人の方がいてもCD販売終了してたり、変なマナーの悪いオタクがいたらイベントが残念な感じになるんだけど、この日のイベントはそんな事もなくて良かったよ。僕は娘。の現場との掛け持ちでしたけど行って良かったです。

℃-uteでは、なっきぃか舞美ちゃんが良いな。娘。のCD販促イベントに参加しての感想は後日また書かせて頂きます。お目汚し失礼しました。











  

ハートプロジェクト。netは著作権や肖像権を十分考慮し、ハロプロ関係の画像を一切使用しておりません
Since 2004/11/14 Copyright (C) 2004 - 2005 HeartProject.net All Rights Reserved
HeartProject.net / Mail / 管理者:ミスケン / twitter @misuken_now