ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net

事務所に意見を伝えるアーティストサポート型 ハロプロ応援サイト

2月1日 渋谷 「新垣里沙 Spring Live 2014」について 14年02月08日 18時59分

2月1日に渋谷で行われた「新垣里沙 Spring Live 2014 〜ガキさんは、LIVE番長!〜」について、会場で問題点と感じた事をいくつか指摘させて頂きます。


■会場の選定について

今回使用された「duo MUSIC EXCHANGE」という会場は、ステージが低めであるばかりか、客席に立つ太い柱に大きく視界を遮られるため、ライブハウスの中でも特にステージの観にくい会場です。これではよほど身長の高い人や前の方の人以外は、ほとんど演者を視界に入れることすらできません。

ライブハウスは客席エリアがフラットな構造上、どうしても身長などによりステージの見にくい人が出てきてしまいます。「見せる」事が大前提であるアイドル系の女性アーティストとライブハウスとの親和性は決して高いとは言えません。会場については、まずは全ての人にとって「見やすい」ことを考慮した選定をお願い出来ますでしょうか。

できれば雛壇形式の客席のあるホール会場での興行が望ましいのですが、どうしてもライブハウスを使用しなければならないのでしたら、せめて椅子を設置し、全ての観客の観やすさを少しでも確保して頂けますようお願い致します。

また、公演中に新垣さんはステージ上から「女性の皆さん、潰されていませんか?」と、何度も女性客を心配し、気遣っていました。あれだけ女性がいるのですから、女性限定エリアは必要だったのではないかと思います。


■オールスタンディングか自由席かについて

公式サイトのチケット申し込みページ、およびチケットの券面には「全自由」と表記されていました。自分はこれを全席自由と解釈したのですが、入場してみると座席は無く、オールスタンディング形式となっていました。これは非常に困ります。

オールスタンディングのライブであるなら、観客の方もそれに合わせた準備が必要です。椅子があるのか無いのかでは、持ち物も荷物のまとめ方も違ってきます。入場前に手荷物を預けるかどうかの判断もしなければなりませんし、そもそも「オールスタンディングなら行かない」という判断もあり得ます。「自由席」なのか「オールスタンディング」なのかは、チケット販売の段階で必ず明確にして頂けますでしょうか。

もしそれをチケットの売れ行きなどによって変動させなければならない事情があるのでしたら、せめてチケット販売の時点でその旨を明記し、前日までにはどちらになるのかをサイト上などで告知して頂けますようお願い致します。


■開場時間について

今回は何故、開場から開演まで1時間も必要だったのでしょうか? オールスタンディングである以上、観客は入場から1時間の間その場から動くこともできず、立ったままの状態で開演を待つことになりました。これでは始まる前に疲れてしまいます。会場のキャパシティから考えても、開場は開演の30分前で充分だったかと思います。


以上、今後の公演については是非とも改善して頂けますようお願い申し上げます。次回公演も楽しみにしております。

ハートプロジェクト。netは著作権や肖像権を十分考慮し、ハロプロ関係の画像を一切使用しておりません
Since 2004/11/14 Copyright (C) 2004 - 2005 HeartProject.net All Rights Reserved
HeartProject.net / Mail / 管理者:ミスケン / twitter @misuken_now