ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net

事務所に意見を伝えるアーティストサポート型 ハロプロ応援サイト

個別握手会の注意事項に関して 14年03月26日 14時51分

(ハロプロの個別握手会の注意事項に関して)

『・転売目的の購入申し込み、ならびに購入者以外への譲渡は固くお断りいたします。』
『・「参加券」の転売行為、購入者以外の第三者への譲渡、コピー、偽造は
固く禁止致します。』

という個別握手会の注意事項があります。
この文言は一見単純なように見えて、
実は誤解を招きやすい厄介な文言であると思います。
それは何故かというと、参加券の『交換』について、
ハッキリと書かれていないからです。

この書き方だけだと、
「そのCDを購入した人以外への譲渡は禁止なんだから、
参加券の交換も禁止なんだろうな・・・。」
と思ってしまう人と、
「譲渡は禁止って書いてあるけど、交換は禁止って書いてないから
他の人と参加券を交換していいんだね!」
と思ってしまう人が出て来ると思います。

こういう曖昧な書き方は本当に良くない。顧客を惑わせるのは如何なものでしょうか。

『他の購入者との参加券の交換は可能ですが、転売行為は禁止します。』
みたいな感じで文言を加えて頂ければ丁寧で良いと思います。

実際、前述の注意事項の文言に関連した
ファンの間での論争なども起こっているようなので、
運営側としても白黒ハッキリと分かるような文言にして欲しいと思います。

ここで参考までに私個人の見解を書いておきます。
私も初めて上記の注意事項を読んだ時には、類推解釈じゃないけど、
「第三者への譲渡が禁止なんだから交換もダメなんだろうなあ・・・。」
と思い込んでいました。
しかし、参加券の交換に関してアップフロントワークスのスタッフさんに
確認したファンの方がいて、
『CD購入者同士で金銭授受を伴わない参加券交換なら可能』
という答えをもらったとの事で、私も、
「なるほど、交換はいいんだ!」
という見解になり今に至っています。
確かに、交換禁止ならば、グループチェキ会のように
身分証明書を提示しての本人確認が必要なはずですものね。
個別握手会や個別チェキ会で本人確認がないのは、
参加券の交換は可能という事を示しているという事に他なりませんね。

ですので、繰り返しになりますが、
『暗黙の了解』や『黙認状態』という曖昧なものではなくて、
注意事項にハッキリと、『参加券の交換は可能です』
という旨を記載して欲しいのです。
そうじゃないと置いてけぼりになる人が出かねないからです。
置いてけぼりになる人というのは、前述の、
『譲渡は禁止だから交換も禁止だろうな・・・。』
と思い込んでるタイプの人で、尚且つ、
『参加券交換についてスタッフさんに確認したファンの人がいて交換は可能だという
見解をもらったという事実』を知らない人の事です。
その、スタッフさんに確認したファンの方はツイッターで、
金銭授受を伴わない交換は禁止じゃない旨を発信していたのですが、
そのツイートを見ていない人も少なからずいるはずです。
みんながみんな、ツイッターをやっていると思ったら大間違いですからね。
私はたまたま、そのファンの方のツイートをイヤらしく
コソコソ見ていたから良かったけども・・・。

だから、運営側が率先して分かりやすい注意事項を書いて欲しいのですよね。
運営側が『交換は可能です』とハッキリ書いていてくれれば、
この件に関してファン同士で論争になったりしなかったはず。
あとは、参加券がランダムという事も論争発生の要因になってしまいました。
ファンの間の私的な恨みつらみで論争が勃発するのは
勘弁願いたい所ですが、
結果的に曖昧な注意事項の文言がクローズアップされたのは
収穫があったのではないでしょうか。
何とか建設的な方向に持っていかないとね。
『災い転じて福となす』
となれば良いですね。



ハートプロジェクト。netは著作権や肖像権を十分考慮し、ハロプロ関係の画像を一切使用しておりません
Since 2004/11/14 Copyright (C) 2004 - 2005 HeartProject.net All Rights Reserved
HeartProject.net / Mail / 管理者:ミスケン / twitter @misuken_now