ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net

事務所に意見を伝えるアーティストサポート型 ハロプロ応援サイト

現場のスタッフさん、いつもお疲れ様です。 14年05月29日 16時45分

今回の投稿は、スタッフさんにあれしてくれとかこれしてくれとかいう類のものではなく、
簡単に言えば御礼の投稿です。


(娘。の個別握手会会場にて)

私は、4月13日のベルサール渋谷ファーストでの、
モーニング娘。の個別握手会に参加しました。そこで私が気になったのは、
ゴミ箱に捨てられていたゴミの問題です。
握手前の身だしなみチェックのために男性用トイレに入ると、
ゴミ箱のゴミがこんもりと溢れていて、
そこに入りきらなかったゴミが周りにいくつも置かれていました。
トイレを出てロビーにある自販機の飲み物用のゴミ箱もゴミで溢れていて、
入りきらなかったゴミが周囲にいくつも置かれていて、ゴミ集積場のようでした。
ここは飲み物用のゴミ箱なのに、
マックの袋や紙コップ・コンビニの袋や弁当の空き容器などなど
様々なゴミが突っ込まれていたり、
置かれていたりしました。明らかに持ち込みゴミです。
この点について気になったので、タイミングを見計らって、
エスタシオンのスタッフさんの一人
(末端のスタッフさんに指示を出していた人で社長さんではない)
に基本的な事を少し聞いてみました。

私)<あの、ちょっといいですか?

ス)<はい。

私)<(ゴミ箱の方を指差しながら)ああいうゴミの後始末は
エスタシオンのスタッフさんがやるわけですよね?

ス)<はい、そういう形になります。
我々とアップフロントワークスのスタッフさんでやる形になります。

私)<(ゴミ箱の方を指差しながら)やっぱり、ああいう風にゴミが溢れかえってる状況を
ベルサール側の人に見られたら、クレームの対象になるんでしょうね・・・。

ス)<必ずしもそうなるとも限らないんですが、でも、
そんなに心配なさらないで大丈夫ですよ。我々の方でちゃんと処理しますので。

私)<ああ、そうですか・・・。どうもありがとうございます。

ほんの少しの間でしたが、お話しを伺ってみて思った事は、
スタッフさんは意外と謙虚なんだなあという事ですね。
私としては愚痴の一つや二つ言ってくれても全然構わなかったのだけど・・・。
よくファンの中で事務所やエスタの対応に関連して汚い激しい言葉を使って
批判する人がいるけど、そういうのは控えた方がいいんじゃないかと私は思いました。
やるべき仕事をしていないというなら批判されても仕方ないかも知れませんが、
言葉は選びましょうよ、と。
我々ファン(ヲタ)の側も、前述のゴミ問題やその他の諸々の問題で
スタッフさん側に迷惑かけたりしているわけですし・・・。
大量のゴミが出る背景としては、
朝から晩まで一日中握手会場にたむろしている人が多いからというのはあるでしょうね。
ファンの間では主に接触厨と呼ばれる人達。私の場合はそういうスタイルではなくて
一部集中型(1部だけ参加とか2部だけ参加とか)というスタイルを最近は採っています。
なので、ゴミも出ませんし持ち込みもしません。


(握手会とは本来は楽しい場所)

前述のゴミ問題や会場を見渡し、トップク着てて酒がらみで過去に問題起こした者や
猿だか豚だか小太りのオッサンだか知らんような良席厨の者達を見て、
何故ああいうのがのうのうと参加出来ているのか&
ああいうのがサイリウム配ってても受け取らないぞ、と
私の心は少しささくれ立っていたのですが、まーちゃん(佐藤さん)を見て癒されました。
ブースの衝立の前でスタッフさんに握手券を渡し、いよいよ自分の番という時に、
ラジカセから聞こえる娘。の曲の音量が大きくなったり小さくなったりしていて
何だろうと思いながらもブースに入ると、まーちゃんの姿はない・・・。
私は、「あっ、いない!どこ行きやがった!?」と思いながらも
ブースの奥の方や机の下を見たがいない・・・。
そして死角になっていた手前の部分に目をやり、まーちゃん発見。
しゃがんで机に突っ伏しながらラジカセをいじっていた。
どうやらスタッフさんは、まーちゃんにラジカセというおもちゃを与えてしまったようだ。

私)<まーちゃん、何やってるの?(笑)

川* ^_〉^) <いや・・・ちょっと、ラジカセの音の量を・・・。イヒヒヒ

目の前で本場のイヒヒヒを聞けて感動。
前にも握手ブースのパーテーションに張り付いていたのを見た事があるが、今回も実にポクポク。

先日のAKBさんの握手会での事件の余波で、
ハローの方も警備を強化するそうですけど、
我々ファンの側もそれには協力せねばと思っております。さすがに、
相撲の技の送り出しみたいな事やチョップをされるのは勘弁願いたいところですが(笑)。
AKBさんの現場での事件を対岸の火事と思わずにファン・スタッフ共々、
安全で楽しい現場を作っていければと思います。


(最後にどぅーでもいいこと)

仮に、握手会参加者とメンバーとの間にアクリル板を設置しても、
矢島さんの場合はクラッシャーだから破壊しちゃって
アクリル板が補修のテープだらけになっちゃうんでしょうねえ。。。

ハートプロジェクト。netは著作権や肖像権を十分考慮し、ハロプロ関係の画像を一切使用しておりません
Since 2004/11/14 Copyright (C) 2004 - 2005 HeartProject.net All Rights Reserved
HeartProject.net / Mail / 管理者:ミスケン / twitter @misuken_now