ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net

事務所に意見を伝えるアーティストサポート型 ハロプロ応援サイト

私の思うハロプロの弱点と未来 14年09月05日 00時53分

2014年のハロー!プロジェクトは特にモー娘。'14が5作連続でシングル1位を獲ったり、長年出演していなかったMステやCDTVゲストへの出演復帰、AUの学割やカゴメの野菜ジュースで久々のCM出演を果たすことができたりと、5年前当時と比べれば大きく変わってきた所が見られていると思います。

しなしながら現代のハロプロを成り立たせる上で弱点が残っている面はまだまだあると思うのです。
モーニング娘。は道重さんの卒業をもって先輩絡みやプラチナ期の世代が完全消滅しますし、Berryz工房は来年春をもってのグループ活動の修了が決まりましたしその後のハロプロに未来があるのかを気にするばかりです。
まだまだ思うのは本当の意味でのテレビ冠番組や放送時間帯、土日においても武道館等でライブを実施する、楽曲のクォリティ、アルバムCDの売り込みといった所です。

冠番組はハロモニが終了して以降は基本的にミニ番組や木曜深夜30分枠のみで特番や時間枠の拡大等も一切ない状態です。
30分枠としては美女放談という対談番組から始まって美女学、ハロタイ、里山、GirlsLiveといった流れで約1年〜1年半おきに変わる流れで今に至る今日この頃です。
昔はハロモニだけでなくゴールデンタイムで2時間の生放送とかやったりしていたのも今では幻と言っても過言ではありません。(自分はその当時の番組については詳しくわかりません)
もうすぐ6年が経過しますし今でもまたできる日をひたすら待ち続けているのですがああいった番組を再びやろうとか深夜枠以外でもやれるようにしたいという考えや意気はもうないのでしょうか?
GirlsLiveはハロプロのみならず他の所属女性タレントも数々出演しますし実質的にはアップフロント全体の主力番組という位置づけがしますので、そういう意味では別枠での単発番組等も不可欠だと思うのです。
単発番組は最近でもNHKさんや衛星放送等ではやることがありましたが、テレ東さんとしては全くといってありません。

次に武道館やアリーナ等での土日公演についてもまだまだ厳しい面が多いとは思うのですが、平日であれ完売することも増えていますので、来年からは年に1度だけでもいいので可能にすることはできないでしょうか?
これも2009年以前ならほぼ当たり前のように行われていたのに、その後はハロコンは中野でしか行われなかったり、できるとしても平日夜の単独公演のみに限られる状態が続くばかりです。
プラチナ世代最後の一人であるさゆの卒コン日程も結局は平日となってしまいましたが、その当日でも外せない仕事を抱えていたり部活等が忙しいような立場の参戦はなかなか厳しいです。
他にもそう思う人はいますし、ある程度の利益を取り戻せたのなら状況に応じた上で試験的にでも土日にも実施しようという意気込みを持ってほしいです。

続いては楽曲に関してですけど、どのグループにおいても大人っぽいような曲が多く明るい元気系な曲と思える曲はなかなかありません。
娘。'14も5作連続で1位を獲ったとはいえども楽曲としては個人的にはいまいちな感じです。
君さえ居ればとか愛のジョークとか愛の軍団とか時空を超えとか、こういった曲が一般受けされたり大きく盛り上がれるとは思っているのでしょうか?
ただ地味に同じようなコンセプトの曲ばかり作るのでは基本的には濃いヲタにしか馴染めません。
つんくさんは闘病生活を送りながらもプロデュース活動をされているとは思うのですがファンが求めている楽曲は何なのかも理解していただくことはできないでしょうか?
フォーメーションや大人っぽさだけでなく明るさやパワーを発揮しているような曲を作るのも時には必要だと思うのです。
恋のヴィクトリーや女子かしましに匹敵するような曲が、個人的には欲しいです。

ついでにアルバムの売上に関してもですが今もなお多くても数千枚〜1万枚程度にとどまっている状態です。
シングルは握手やチェキ等の特典が数多くてこそああいった記録を成し遂げているのでしょうけどアルバムにおいては特典等も一切なく発売されたということさえあまり知られていないようにも思います。
シングルのみならずアルバムにおいても積極的に売り込もうという気持ちを強く持つことはできないでしょうか?
特典もシングルに集中しすぎている分を一部アルバムにも振り分けるべきですし、握手会なしのシリアル抽選スペシャルイベントを活用するのもありだと思います。
あと初回盤DVDに振り付け講座を入れるといったこともできないでしょうか?
ハロプロはダンスが色々とすごいのですから、みんなにもまねしてほしいということを考えるのも欠かせないと思います。
何とか工夫を加えていただくよう、宜しくお願いします。

昔のハロプロはライブ以外にもドラマやスポーツ、温暖化防止やエコ活動、シャッフルユニットや期間限定ユニット等も充実していてアイドルとしての輝きがすごかったですけど今は度重なる握手やチェキ、ライブハウスツアー等に振り回されるような日々で当時のような輝きはあまり見えてきません。
娘。'14以外のグループは今でも一部のメンバー以外基本的にあまり知られていないですし、2000年代当時は主力だった先輩メンバーの存在も飽きられてしまっています。
2009年にエルダーメンバーを一斉卒業させたりFCを4つにまで分割したのは成功だったと言えるのか、今でもいろいろ気になるばかりです。(メロンとあややはサービス終了しましたけど)
道重さん卒業後はベリの清水さん、ベリ活動停止後は℃-uteの矢島さんがハロプロの最年長メンバーとなりますけど、その後のメンバー全体を引っ張っていくことは可能なのか。(ベリは活動停止と共にメンバー全員ハロプロも卒業するのかどうかわからないけど)
それと同時に現役メンバーの内の半分以上はエルダーの卒業後にデビューした世代になりますが、ハロプロをこれからも長く続けていくことはできるのか。
メディアの間では娘。'14が再ブレイクしているとは言われつつも今後のハローにおける組織的な課題としてはまだまだ残っていることが多いと思うばかりです。
娘。本体もシングル50作連続TOP10入りとか、24時間テレビのパーソナリティとか大きな実績も色々と持ってはいますけど、TVやメディアとの絡みを長く維持することができなかったのは残念なばかりです。

私はハロモニが終了になった頃からこのご意見箱を利用させていただいていますが、時には下手な内容の意見を提出することもあり申し訳ありません。
営業・企画・制作それぞれのスタッフの考えや姿勢は今ではどんな状態なのかはわかりませんけどいつまでも同じような状況を維持し続けるのでは未来は見えてこないと思うのです。
ベリキューはハロプロキッズとしてデビューしてからもう10年以上もの日々が過ぎてしまいましたけど、スマやJ=Jや研修生等にはまだまだこれからもやれることはいろいろありますし、無駄なことばかりに時間を費やさず他にもできることを進めていただきたいです。
他のファンの方の意見もいろいろ理解しながらも、ハロプロがこれからも歌って踊って楽しめる女性アイドルの存在であり続けることを心から祈っています。

ハートプロジェクト。netは著作権や肖像権を十分考慮し、ハロプロ関係の画像を一切使用しておりません
Since 2004/11/14 Copyright (C) 2004 - 2005 HeartProject.net All Rights Reserved
HeartProject.net / Mail / 管理者:ミスケン / twitter @misuken_now