ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net

事務所に意見を伝えるアーティストサポート型 ハロプロ応援サイト

ハロプロの全体的な現実について。 16年04月03日 21時01分

1ヶ月半ぶりに意見を出したいと思います。

これは検討してほしいとかではなく、ひとつの意見として聞いてもらえればなと思います。

まず、モーニング娘。'16の春ツアーですが、イープラスを確認したところ、東名阪地域を除いてチケットが売れ残ってしまっているみたいです。

広島、福岡は公演間近となっているにも関わらず未だに残りわずかにも至ってません。

どうしたものでしょうか?

℃-uteの春ツアーもチケットが売り切れているのは4月24日の大阪だけで、あとはどこも売れ残ってるようです。

アンジュルムやJuice=Juiceらが勢い増し、カントリー・ガールズやこぶしファクトリーが地方圏のライブハウス会場でのライブツアーを積極的に行う中、モーニング娘。'16と℃-uteはホールツアーで地方公演な少ない今、勢いを失いつつあるように思えます。

ファン一人一人の考え方にもよりますが、基本的に地方住まいのファンも自分たちの地元に来てくれるグループのライブを優先的に行くのは当たり前の話ですし、都市部でしか行われないホールツアーに近くの田舎県に住むファンが行けなくなるのは仕方ないことだと思います。

モーニング娘。'16や℃-uteを猛プッシュして、自分の地元で行なわれるこぶしファクトリー、Juice=Juice、カントリー・ガールズのライブよりもそっちを優先するファンであるならば話は別ですけどね。

しかし、今のままでは、娘。と℃-uteは地方住まいのファンを失うことになる可能性もあります。

CDの即売イベントも含めて、積極的に地方へ出ていかないと、アンジュルムらに地方ファンを取られてしまいかねませんし、メンバーの地元を優遇し続ければ、都市部住まいのファンは残っても、地方住まいのファンは失うことになると思います。

今回の春ツアーに関しても、大阪と愛知の優遇ぶりが酷すぎます。

愛知は鈴木香音ちゃんの卒業もあるので今回に限って言えば仕方ないですが、大阪は何なのでしょう?

今日、大阪フェスティバルホールでコンサートをやってるにも関わらず、後半にNHK大阪ホールとか意味が分かりません。

やはり中野サンプラザにせよ、NHK大阪ホールにせよ、「聖地」にこだわり過ぎてる傾向が強いように思えます。

そういった拘りは少しずつなくしていかないと、いつまで経っても兵庫、京都、和歌山、奈良ではライブが開催できないと思います。

今の娘。ツアーや℃-uteのツアーの日程を見ていても「誰のためにコンサートやってるの?メンバーのため?事務所の利益追求のため?ファンのため?」という印象です。

娘。ツアーも℃-uteツアーもそろそろ大きな見直しが必要となるでしょうし、モーニング娘。'16の歌やパフォーマンスの方向性も変えていかないと、今のままではまずいと思います。

あと、やっぱりファンと運営の距離は少し近づけるべきだと思います。

俺たちについて来いのようなやり方も悪くはありませんが、それをずっと押し通すのは違う気がします。

何年かに一度、ファンと運営によるファンミーティングを開いて、運営がファンの意見をたくさん聞く機会を持つ事も必要ではないかと個人的には思います。

あと、ハロコンが2パターンに戻ってしまったのは残念としか言いようがないです。

まぁ、やってからの結果なので、仕方ないなと思います。

ハロコンに関して言えば、今の7大都市から開催地を少し拡大してほしいですね。

少なくとも新潟はハロコンを開催するべきだと思います。

日本海側の地方ではハロコンの開催がないので、日本海側最大の都市の新潟は検討する余地はあると個人的には思いますがどうでしょう?

話は逸れましたが、他のハロプログループ6組に比べて、地方へ出る機会が少ないモーニング娘。'16は地方強化を徹底的にやってもらいたいです。

℃-uteもナルチカの開催を継続して、地方強化を図ってもらいたいです。

利益が出ないからこの規模のコンサートをやらないとか言ってる場合じゃないと思います。

やれる事は何でもやるという強い姿勢を持つ事務所であってもらいたいと僕は願っています。

ハートプロジェクト。netは著作権や肖像権を十分考慮し、ハロプロ関係の画像を一切使用しておりません
Since 2004/11/14 Copyright (C) 2004 - 2005 HeartProject.net All Rights Reserved
HeartProject.net / Mail / 管理者:ミスケン / twitter @misuken_now