ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net

事務所に意見を伝えるアーティストサポート型 ハロプロ応援サイト

モーニング娘。18についての個人的意見。 18年04月20日 23時23分

こんにちは、私はモーニング娘。18のファンの、りすまると言います。私がモーニング娘を知ったのは、2016年のことで、最近初めて春ツアーで現場デビューを果たしました。
 モーニング娘を知る前は主にKPOPのアイドルのオタクをしておりましたが、モーニング娘を知ってから、多くの気づきがあったので、ここに意見させていただきます。
 以下のことは批判ではなくもっと売れてほしいという気持ちです。
 まず、そもそもアイドルとは何ぞや、ということですが、アイドルを構成するのは、歌、ダンス、キャラ、衣装、などの要素があると思います。ハロープロジェクト全体では、やはり歌とダンスには力がはいっていると感じます。
ここで少し話が変わりますが、KPOPファンと比べてみると日本人は、完ぺきではなくデビューからの伸びしろや親しみやすいキャラを重視します。韓国ではより完璧なものが求められていますが、それは明らかに日本では主流の考え方ではありません。ハローのアイドルは少々歌やダンスが完璧すぎて、初めてみるという人にはとっつきにくさを感じます。
このような日本人の考え方があるなか中高生の間にはKPOPの人気が上がってきています。私なりの分析をすると、日本では可愛いものを身に着けたりしていたらぶりっ子などと言われ非難されることがありましたが、韓国では、可愛いものを可愛いと認め、さらに愛嬌(日本でいうぶりっこ口調)さえも気持ち悪いなどと言わずに肯定的な雰囲気があります。多くの女子はもちろん可愛いものが大好きですから、少しずつ韓国の真似をはじめ、TWICEなどが有名になった今では、ピンクのものが何でもインスタ映えと言われたりしています。それと同時に可愛さかつダンスや歌のカリスマ性が重視されてきています。
 そこで!日本のアイドルよりもどちらかというと歌やダンスなど実力で勝負しているモーニング娘にとっては、乗るべき波なのではないでしょうか。
 もちろん、PINKCRES.のような可愛さを求めてはいるのではありません。そういう意味ではなく、冒頭ののアイドルの要素に少し関係しますが、日本のアイドルとも韓国のアイドルとも決定的に違う点がモーニング娘にはあります。それは、ステージの上の姿がにんげんらしさをむき出しにしているところ(歌詞も泥臭い、いい意味で)、そして愛嬌をしなくても愛されるような一生懸命な人間性です。
 しかしながらそのような素晴らしいものを持っているのに、未だモーニング娘。18という名前は広く浸透はしていません。ファンが増えてきているとはいえメディアへの露出があまりにも少なすぎます。道重さんが卒業してから一層テレビからは遠のいたように感じます。
 そこで、現代の中高生の心にひびく存在になる必要があります。中高生はアイドルが可愛い衣装を着ているだけで(しかもモーニングは今非常にビジュアルが上がってきています)、あっ!かわいい!何だろう?と興味を持ちます。そこで、ギャップを見せつけることでさらなるファンが釣れると思います。
 
 ここで要素の話に戻りますが、モーニングが特に弱い点(足を引っ張っている要素)があると思います。それはトーク力とキャラ、そして衣装です。
まずは、トーク力とキャラについてです。これは道重さんがいなくなってからのメディアを見れば一目瞭然です。そもそも、トーク力が足りてないのは、話すことが苦手以前に問題があるからです。例にあげると飯久保さんや小田さんは、チームの中で話すのが上手なほうですよね。飯久保さんは機転が利き、小田さんはとても丁寧な話し方で聞くほうも安心感があります。しかしながら、そのメンバー以外にはいまいち聞いていて不安感があります。そして、何より、話に深みがありません。その大きな原因は、一つ!!  教養!!  です!!!
 
 現在の大学進学率は50%をこえてさらに上昇して来ています。そして、オタク活動ができるという財政状況を考えると、おおくのオタク、また、その予備軍は大学卒業者でしょう。そのような人たちがなんの深みも面白味もない話を聞いたってすぐに違うラジオに切り替えられてしまうでしょう。そんなことでは、ファンを増やしていくのは亀の歩みのようなものです。まずは、新聞をよむでも、読書でも、現在学生のメンバーは学業でも、やってみることです。

そして、このことはキャラにも関係しています。道重さんからわかるとおり彼女にはアイドル以外に自分が一番かわいい!というこだわり、そして思ったことをはっきりという毒舌という性格がありました。つまりは、印象に残りやすいということで、普段の自分とはちがうドジっ子とかの後付けではなく素の人間としての深みです。
 しかし、今のメンバーは、生田さんはゴルフ、飯久保さんはファッション、野中さんは、英語、というような、アイドル以外の趣味というものが少ないです。趣味があるメリットは、アイドルという一方向からでなく様々なところから、存在を知ってもらうことができますし、人間的にも深みがでます。高校生までならまだしも、それ以上の年齢のメンバーがアイドル以外に何もない!というのは芸能界の中では存在がとても薄いと感じます。 (私の希望としては料理ができるメンバーがいたらすてきだなぁと思いますが。)
 とにかく、メンバーそれぞれが自分の特技や趣味はこれなんだ!と言える何かがあれば、トーク力やキャラもついてくると思います。

 次に衣装についてですが、はっきり言って露出が多すぎます。しかも、全員の体がひきしまっているわけでなく、残念なところまでさらけ出してしまっています。歌やダンスにこだわるなら、カラダの見た目にさらに気を遣うべきです。(痩せるのではなく筋肉が程よくついていることが好まれます。)というか、そもそもおなかの部分が露出しすぎです。正直、おなかをそんなに広い面積で出さなくでもよいと思うし、他の子にモーニングを進めようと思ってもなんだか歌詞と相まってセクシーすぎて、かつ、あまり可愛くなくてできません。(昔から追っている人には受けがいいかもしれませんが今回の春ツアーの最後の黄色とオレンジはミニモニっぽくて私はいまいちだと思いました。)色も古臭いときがあります。私はもっと新しいものが見たいです。またスタイルの違いによってもっと衣装に工夫をするべきです。最年少の羽賀さんについては、もっと、おなかを隠してもいいんでないでしょうか。年を追うごとに露出が増えたら成長も感じられますし。

 2016年のお台場夢大陸のハッピーサマーウエディングの衣装はシースルーになっていて、かつおなかの出具合やスカートの丈もよくとてもかわいらしかったです。
 しかし、2015年の水曜歌謡祭の時はとても重たい感じで逆に露出が欲しかったです。ここで、中高生の可愛いの波の話に戻りますが、そもそもモーニング娘を知らない人は古いイメージを持っています。それなのに、古い感じだとさらに興味も失せるでしょう。そこで!可愛くさらに程よい露出があると(アンジュルムのようなおしゃれさではなく、)よいのではないでしょうか。もちろん素人なので詳しいことはわかりませんが、感じたことです。なお、以上述べたことに加えて、重要なのはモーニング娘らしさを失わないことだと思います。(歌、歌詞)
 最後に、グッズについて一言申したいです。なぜ、Tシャツは白地に文字というスタイルになったのでしょうか。一般の人向けに改革したのであれば逆効果だと思います。買う人は普段用に買っているわけではありませんよ!グッズはそばに置いたり、自分がファンであることを発信できたりするものなのに、どうして白地にぱっと見ではわからないような文字を入れるんですか。なぜの素のカラーTシャツに戻さないのですか? 私は、もういっそのことメンバーカラーの法被があればいいと思っていますよ。服の上からもはおれるし会場で着替える必要もなくなりますし。ライブはお祭りみたいなものですし。

何様なんだ、と思われるかもしれませんが、一ファンの意見として参考にしていただけると嬉しいです。

ハートプロジェクト。netは著作権や肖像権を十分考慮し、ハロプロ関係の画像を一切使用しておりません
Since 2004/11/14 Copyright (C) 2004 - 2005 HeartProject.net All Rights Reserved
HeartProject.net / Mail / 管理者:ミスケン / twitter @misuken_now