ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net

事務所に意見を伝えるアーティストサポート型 ハロプロ応援サイト

CDジャケットについて 06年05月13日 20時52分

最近、ハロプロがグラビア化してきている気がします。これは、アイドルなんだから仕方ない、と言われればそうなのかもしれません。しかし彼女たちは、歌を歌う為のアイドルだと思うのです。
今回、美勇伝と後藤真希さんの新曲のジャケットをみて、女性ファンとして複雑な心境になりました。セクシー路線が悪いことだとは思いませんが、それが「安っぽく」なっているようにみえます。
【曲名】と【曲調】にあっていないCDジャケット、これではファンでない方がCDショップで手に取ったって買おうという気どころか、聴いてみようという気さえおきません。ファンである私だってあのジャケット写真のCDをカウンターに持っていくのはとても勇気がいる事になるんです…。
前々からハロプロのCDジャケットのセンスについては、不満がありました。何でも、そのアーティストのアップ写真をジャケットにすれば良いというものではないと思います。例えば後藤さんの新曲の「ガラスのパンプス」。後藤さんがガラスの靴に足を入れるシーン、まさにシンデレラがガラスの靴を履く、みたいな、そういうものにすれば良かったのではと思いました。
曲をもっとアピールしたいのであれば、ジャケットももう少し考えるべきではないかと思います。
きつい言い方だとわかっていますが、どうか、考えて頂きたいと思います。よろしくお願いします。

ハートプロジェクト。netは著作権や肖像権を十分考慮し、ハロプロ関係の画像を一切使用しておりません
Since 2004/11/14 Copyright (C) 2004 - 2005 HeartProject.net All Rights Reserved
HeartProject.net / Mail / 管理者:ミスケン / twitter @misuken_now