ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net

事務所に意見を伝えるアーティストサポート型 ハロプロ応援サイト

美勇伝のラストシングルについて 08年03月02日 10時24分

こんにちは。
美勇伝のラストシングルが、どうやら『なんにも言わずにI LOVE YOU』になるらしいですね。
美勇伝というユニットの最後を飾るはずのラストシングルが、オリジナル曲では無くてカヴァー曲になってしまったのは、美勇伝を応援し続けてきたファンの一人として、(仮に何か意味が有るのか否かは別として)とても残念に思います。

私は元々ハロー!のアーティスト(後藤真希さん含む)には、カヴァー曲をシングルA面曲にしてほしく無いんです。
シングルのB面(カップリング)やアルバムにカヴァー曲を収録するのは一向に構わないんですけど、私はハロー!のアーティストには常に新しい何かを発信し続けてほしいと思っていますので、カヴァー曲をシングルA面曲にしちゃうと、たとえアーティストとしての表現には変わり無くとも、そのアーティスト固有の新たな主張を発信する機会を自ら無くすみないで、何だか勿体無い気がするんですよ。
それに今回は、美勇伝にとってのラストシングルなのですから、ユニットの歴史の最後を飾る記念すべき曲で、後世にその名を残すべき曲であるはずで、個々のメンバー若しくはユニットとしてのファンに向けたラストメッセージとの意味合いが強い曲であってほしかったし、その曲の中で彼女たちに何かメッセージを発信してほしかったし、発信させてあげたかったのです。

また、カヴァー曲にするならするで、何でこの曲なんでしょうか?
『なんにも言わずにI LOVE YOU』は確かに良い曲ではありますが、モーニング娘。の曲の中でも特に抽象的な内容の歌詞ですので、今回のシングル化にあたってその歌詞の中から何らかの明確なメッセージを掴み取るのは、個人的に難しいかと感じています。
カヴァー曲に限って選択するのであれば、美勇伝の名作アルバム『スイートルームナンバー1』に収録されている『まごころの道』の方が何か強いメッセージ性を感じますし、ユニットの解散という大きな節目を迎えて新たな進路へと歩み出そうとしている現在の彼女たちに、相応しいかと思います。

私には今回のラストシングルの選曲に、如何なる意味が込められているのか未だ掴み取る事は出来ませんが、石川さんと三好さんと岡田さんが納得されているのかどうか、大変気掛かりです。
それと発売予定日も、藤本美貴さんの『置き手紙』と℃-uteの5thシングルと三作同発なのも気になります。
プロモーションの方も、しっかりとお願い致します。
ユニット解散という大きな節目の曲ですからね。
彼女たちに主張させてあげてほしかったし、ラストシングルは彼女たちにとっても、もっと記念になる作品にしてあげたかった。
ラストフレーズには、彼女たちの想いを込めてあげてほしかったです。

「♪何にも言わずにこれからも大切にしてね」
このラストフレーズを、そのままアップフロントのスタッフの皆さんに、お返し致します。
彼女たち三人の事を、これからも大切にして下さい。
宜しくお願い致します。

それと今さらですが、ラストツアーくらいは三好さんの地元の北海道公演を、何らかの形で実現させてあげてほしかったと思います。

ハートプロジェクト。netは著作権や肖像権を十分考慮し、ハロプロ関係の画像を一切使用しておりません
Since 2004/11/14 Copyright (C) 2004 - 2005 HeartProject.net All Rights Reserved
HeartProject.net / Mail / 管理者:ミスケン / twitter @misuken_now