ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net

事務所に意見を伝えるアーティストサポート型 ハロプロ応援サイト

年末の歌謡祭、そしてこれからのハロプロ 09年11月16日 14時12分

今年も年末の各テレビ局の歌謡祭の季節になりました。
ところが日本テレビ系のベストヒット歌謡祭、フジテレビ系のFNS歌謡祭、ともにハロプロメンバーの名前はありません。
Mステスーパーライブについてはまだ発表はありませんが、通常放送さえOGと一緒の1回しか出場できないようでは、まず出場はないと思われます。
この分だと紅白も出場は無理でしょう。
昔はモーニング娘。とあややとミキティもしくはごっちんなど、ハロプロだけで3組も出場できたのが今では夢のようです。

他の方もおっしゃっていましたが、テレビの芸能ニュースでもハロプロのことが取り上げられることはまったくといってありません。
AKB48のパリ公演のニュースはあっても、モーニング娘。のアメリカ公演については触れてくれません。
ゴールデンの歌番組にも見放されてしまっている状態ですし、なぜこうもテレビ局に嫌われてしまったのでしょうか?
人気が低下したことが原因であることは間違いないですが、それだけではないのでは?
これまでのモーニング娘。メンバーの卒業・加入の時期が適正であったのか、なぜこうも人気が離れてしまったのか、ここで検証してみる必要があるのではないかと思います。

AKB48と比較ばかりして申し訳ないですが、AKB48は2005年に結成して今年ブレイクするまで4年かかりました。
最初はハロプロに遠く及ばない存在で”地下アイドル”の域を脱しない存在でしたが、今では「国民的アイドル」にまで昇りつめました。
そこに”ハロプロ復活”のヒントがあるのでは?
最新のCD売り上げをみても、AKB48は20万枚をも超える勢い、娘。は4万枚しか売れませんでした。
こんな時代が来るとは思いもしなかったです。
昔、モーニング娘。が「国民的アイドル」と呼ばれたのが今となっては虚しいばかりです。

深夜の歌番組や地方のテレビ番組やラジオの出演では、残念ながらインパクトが小さいです。
ファンを増やすためには、やはりゴールデンの番組に出演できるようにもっていくことが必要です。
これからどうハロプロを立て直していくか、事務所の方々には真剣に考えてもらいたい。

そこでお願いがあるのですが、唯一ハロプロメンバーが出演している「美女放談」は、ハロプロの宣伝に役立っているとはとても思えません。
来年春には(できれば新年からでも)内容を一新して、歌中心の番組構成にしてメンバーの動静を伝える番組にしてください。
ハロプロの持ち味は、やはり”歌”です。
AKB48はどちらかというとシングル曲しかないようですが、幸いにもハロプロには多くの”財産”があります。
新曲発表時には必ず出演して歌披露し、アルバムの曲も昔の曲も歌うことです。
これならバラエティーのようにネタに困ることもありませんし、経費もかかりません。
アップフロントの単独スポンサーということもあるので、番組構成には”制約”もあると思いますし。
ハロプロの良さを世間に知ってもらうためには、それが一番いいと思うのです。
まずはそこから始めてほしい。
よろしくご検討願います。

ハートプロジェクト。netは著作権や肖像権を十分考慮し、ハロプロ関係の画像を一切使用しておりません
Since 2004/11/14 Copyright (C) 2004 - 2005 HeartProject.net All Rights Reserved
HeartProject.net / Mail / 管理者:ミスケン / twitter @misuken_now