ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net

事務所に意見を伝えるアーティストサポート型 ハロプロ応援サイト

11月15日(日)に開催されたHANGRY&ANGRYのイベントについて 09年11月27日 22時33分

 2000年10月より石川梨華さんを応援させて頂いているRYOTAと申します。石川さんに関するイベントにはたいてい参加させて頂いています。今回は11月15日(日)に新宿にあるマルイワンで開催されたHANGRY&ANGRY(以下「ハンアン」と略します)のイベント(サイン会)について書かせていただきます。このイベントは14時〜、16時〜、18時〜の3回に分けて行われ、イベントに参加するためには、ハンアンのアルバムを含めた関連商品を5000円以上買えば、イベントへの参加券がもらえるというシステムになっていました。私は3回とも参加しましたが、このようなイベントに慣れないマルイワン側が、イベント参加券の配布方法等を私たちファンに相談し、私たちからのアドバイスを受け入れて頂く等、臨機応変に対応をして頂けたと思っており、大きな混乱もなくイベントは無事終了したという印象を受けました。ハンアンは国内でのサイン会が初めてだったということもあり、イベントの1回目では、サインを書いているハンアンにどのタイミングで声をかければ良いのか戸惑いもありました。しかし今回は、ファンがメンバーと会話を楽しむ環境づくりがなされていたと感じました。カジュアルディナーショーや、ファンクラブイベントでの握手会にありがちな、スタッフがファンとメンバーとの会話を急かして早く終わらせようとしたり、背後にスタッフが立ってファンの体を流すという行為がなかったからです。かといって、私の知る限りファンの側が、欲張っていたずらに長く会話をしようということもなかったと思います。また、自分より前に並んでいるファンのサイン会の様子を見ることができ、心の準備もできました。よってある程度高い満足感を得られたイベントとなりました。今後カジュアルディナーショーや、ファンクラブイベントに付随する握手会においても、このような環境作りに努めて頂けたらと思います。会場の使用時間や、地方のイベントの場合はメンバーの移動時間を考えると、難しい部分もあるのかもしれませんが、ただでさえファンが目減りしている昨今において、握手会でできるだけファンを不快にさせず、ファンの満足度を上げる努力は貴社に必要であると思います。さらに言うと、ハンアンを通じて新しいファン層(h-Naotoのファッションブランドのファン等)を開拓したいのであれば、もう少しイベントに参加するためのハードルを下げたほうがいいとも思いました。なかなかサイン会だけで、1回のイベントにつき5000円以上の商品を購入しないといけないというのは、ハードルが高いですし、実際にイベント整理券も多少余っていたと聞きました。結局集まっていたファンの顔はいつもの熱心な固定客しかいなかったです。ましてや、既存のファンの中においても、「梨華ちゃんは応援したいけど、ハンアンはちょっと・・」というファンが見受けられるのも確かです。私の仲間にもそういう方がいます。ぜひこの点も、検討した頂けたらと思います。ではよろしくお願いします。

ハートプロジェクト。netは著作権や肖像権を十分考慮し、ハロプロ関係の画像を一切使用しておりません
Since 2004/11/14 Copyright (C) 2004 - 2005 HeartProject.net All Rights Reserved
HeartProject.net / Mail / 管理者:ミスケン / twitter @misuken_now