ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net

事務所に意見を伝えるアーティストサポート型 ハロプロ応援サイト

「テレホンショッキング」を見て 09年12月09日 17時26分

本日、「笑っていいとも」のテレホンショッキングのコーナーに、吉澤さん・石川さんと一緒に現モーニング娘。メンバーである6期メン3人も出演していました。
なかばむりやり現メンバーを出演させたというのは、事務所側の意向が強かったのだろうと思います。
しかしながらそれなら、娘。メンバー全員出演させれば良かったのでは?と思います。
つい先日、AKB48のメンバーが出演したのでそれを強く意識したものだと思われますが、それなら全員出演させて、たとえ話す機会がないとしても現モーニング娘。をアピールすべきだったのではないでしょうか?

私はモーニング娘。が世間一般にもう一度再認識してもらうためには、OG頼みのテレビ出演ではダメだと思っています。
いつまでもその手法が通用するわけでもないし、それではいつまでたっても昔のイメージでしか現モーニング娘。を見てくれないでしょう。
それをくつがえすためには「LOVEマシーン」に代わるような代表曲をもう一度作り、現モーニング娘。の歌とダンスの素晴らしさを世間に知らしめる必要があります。

今年のテレビ出演で良かったと思えるのは、NHKBSの「最新ヒット ウエンズデー」ぐらいでしょうか。
あの番組では3曲も歌い、現モーニング娘。の魅力を発揮できたと思います。
ああいったテレビ出演を地上波ゴールデンでできれば、もっと一般の方に現モーニング娘。の良さをわかってもらえるでしょう。
「Mフェア」というような上質な歌番組に、娘。はもう何年も一切出演していません。
来年は1回でもいいから出演させることはできないでしょうか?
今年も昨年に続いて、紅白を含めた年末の各テレビ局の音楽祭の出演は一切ありませんでした。
2007年も”ハロプロ10周年”ということでの昔の曲を歌うだけの出演でしたし。
来年こそはどれかひとつでもいいから出演できるよう、がんばってもらいたいです。
             
AKB48が今年ブレイクし、これから2・3年はハロプロにとって厳しい時代が続くことは間違いありません。
そのなかで事務所およびつんくさんは、どれだけ危機感を持っているのでしょうか?
現状ではそれが見えてきません。

台湾オーディションにおいて「アイスクリー娘。」というグループを作ったにもかかわらず、2名は行方不明?になっており活動もままならない状態です。
これは明らかにオーディションの”失敗”であり、そのことを事務所およびつんくさんは反省しているのでしょうか?

私はこのまま何もせずに放置しておいたら、数年後にはハロプロの崩壊もありうると思っています。
来年は積極的にモーニング娘。に限らずハロプロ内のグループに”てこ入れ”すべきです。
大々的にオーディションを開いて、テレビCM等で告知するのです。
世間に注目してもらえない今こそ、注目してもらえるよう努力しなければならないと考えます。

先日、久住小春さんがモーニング娘。を卒業しました。
CSで8人になったモーニング娘。を初めてみましたが、非常にもの足りなさを感じました。
彼女の発する明るいオーラがなくなってしまい、彼女の存在感の大きさを再認識せざるをえませんでした。
そんな彼女を卒業させても、娘。は大丈夫だと思ったから卒業させたのでしょう?

とにかく来年は「行動の年」だと考えます。
期待しています。

ハートプロジェクト。netは著作権や肖像権を十分考慮し、ハロプロ関係の画像を一切使用しておりません
Since 2004/11/14 Copyright (C) 2004 - 2005 HeartProject.net All Rights Reserved
HeartProject.net / Mail / 管理者:ミスケン / twitter @misuken_now