ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net

事務所に意見を伝えるアーティストサポート型 ハロプロ応援サイト

[1] イベントなどでのスタッフの対応(10) 05年11月30日 15時54分

 ミスケンさん、はじめまして。
 この件は本当は事務所宛意見箱に投稿すべきかと思ってたのですが、まずはミスケンさんやこのサイトをご覧の皆さんがどう感じるか、そして少なくともこの件に関し大変憂慮している者がいるということを伝えたくて初めて投稿します。

先日、キュートFCイベに参加した時のことです。握手終了後、会場から速やかに出ることになっていました。私は丁度会場からロビーに出て当日配布のアンケートを記入していると、会場内から何人もの方がスタッフに強引に引っ張り出され、吹っ飛ばされているのを目撃しました。そのうち1人の方に事情を聞くと最後にメンバーが手を振って参加者の帰りを見届けてくれて、それに手を振り返していたそうです。スタッフとしては会場の都合があるからそのような対応になったと思うし、それ自体は当然かもしれません。しかし、物凄い勢いで吹っ飛ばすというのはいかがなものかと思うのです。参加者が言うことを聞かないからというのもあるでしょう。それにせよ、参加者の安全確保は当然のことではありませんか?私も以前他の握手会で普通にスタッフの指示通り流れていたにもかかわらず、強引に引っ張られて足下がふらついた経験があります。私は外見からはわからないですが、足に少し障害があるからそのようなことをされると怪我に繋がりかねないのです。

又、8月のベリーズよみうりランド握手会では私は最後の方だったから様子を眺めていたら信じられない光景を見ました。参加者が多く歩きながらの握手でしたが、1人杖で歩いてた方がいました。歩き方から考えてどうも障害を持ってる方のようでした。歩く時のバランスを保つのが難しい訳です。それにも関わらず、流れを保つ為かその方の歩ける速度を考えず、スタッフが無理矢理引っ張って流れに乗せていたのです。その方はふらついてたし、転倒しないか心配で見てました。そういう対応をすれば危険を伴うこと位誰でもわかるはずです。イベントスタッフがこのような危険な対応をする場面を幾度となく見てきました。今年様々な握手会があり、できるだけ参加者のレポを見てきましたが、その中でスタッフが責任者から注意を受けたという報告は1度だけあったようです。最近では握手の速度が速すぎて会場内から怒号も出たケースもありました。

私が言いたいのは人の安全を脅かすようなことはあってはならないということです。これは人間として最低限度の守らねばならないルールです。それを簡単に破ろうとするスタッフには憤りを感じます。先の障害を持ってる方の件などは私は福祉関係の人間として絶対に許すことは出来ません。イベントスタッフは事務所から他企業への業務委託でしょうけど、委託しているなら、その企業への注意勧告が必要でしょう。またFCイベとなれば主催者のFCに責任が生じます。こういった対応は私は参加者を見下しているようにさえ感じるのです。参加者のモラルも昨今大変問題視され、私も少なからず問題だと考えます。しかし、だからと言ってスタッフがどんな対応をしても良いということではありません。

このトピックへのコメント

10 件を表示

イベントスタッフの同業者として、いつもしっかりした仕事をしていないと感じております。
仕事である以上プロフェッショナルとしての高い意識を持って取り掛かって欲しいものです。
トラブルを発生させる業者であるならば、委託先の変更等を検討するなどもしていかないといけないでしょう。
イベントスタッフとて、イベントの印象に残るのですから。

翼のスタッフさん>
丁寧なコメントありがとうございます。同業者の方とのことで翼のスタッフさんのように現状をきちんと把握し、理解して下さってるスタッフさんばかりだったら良いのにと思います。1つ目の投稿の最後に少し触れて書けなかったのですが、もちろんこういう無茶な対応をするようになった背景にはファンのマナー・モラルの崩壊ともいうべき事態を一部のファンが引き起こしていることにもあることは重々承知の上で書かせていただきました。一種のスパイラルのような状況であるから、より事態が悪化し、結果イベント参加者全体の不利益に繋がっている構造は今まで議論されてきたことですから。ただ、私は業界のことはよくわからないので1点疑問なことがあります。それはこういった危険な事態を引き起こすイベントスタッフの問題はその業者の組織風土、企業倫理によるものなのか、それとも業者に雇われているスタッフ個々人の資質によるものか、それとも両方なのかということです。それによってもたぶんこの問題へのアプローチも変わるのかなと素人判断で思ったものですから。組織の問題が強いのであれば、おっしゃるように委託先変更の検討も必要なのかなと思いますし。

それと私は参加者全員の安全確保が一番大切なことであると考えています。ただ、最近気になることの1つにハロプロ関連イベで障害を持ってる方がかなり参加してらっしゃる現状に関してのことがあります。車イスで参加されている方への対応はある程度ちゃんとなされているかなと感じます。しかし、障害の程度は本当に個人差のあるもので、私のように外見上は見分けつかない人間もいればそれこそ千差万別です。当然、それ全てに十分な対応をすることは物理的にも困難であると思います。でも、障害者の方は何らかの形での社会参加、自立を望んでいる方もたくさんいらしゃいます。その社会参加のうちの1つがハロプロであるなら、それは健常者と同様ノーマルに安全が確保されイベントに安心して参加できる環境がなくてはならないと思います。私がイベントに参加しててよく感じることは障害者へのスタッフの対応として車イスでの参加には特別な配慮(特別なという表現は本当は相応しくないと思いますが便宜的に使います)、それ以外は健常者と同様というような私から言えばたった2つの括りで対応しているように見えるということです。となると福祉専門職者や障害者自身が意見なり要望をイベント業者、あるいはFCに伝える努力も必要だと私も考えます。しかし、FCのオペレーター対応などは別件で話した時などから考えて、とても聞いてくれるようには感じませんでした。まぁ、うまく様々な意見を伝えてる方もいるのでしょうけど。そして私も日頃から障害者の方がどうしたらもっと社会に受容されノーマルな生活が送れるか考えていますが依然困難が伴うことはわかってます。しかし、イベント会場に向かう道程を歩いていく姿やハロプロのイベントでの彼らの笑顔など見ていると、この件はどうしても黙っていられませんでした。ハロプロが好きであることに変わりはありませんから。

むろん、先にも述べたように全ての参加者の安全確保へ向けてということが今回の投稿の最大のテーマですが。

なかなか興味深い内容ですね。

イベントは参加者の安全ももちろんですが、アーティスト本人達の安全の方が確保されていることが前提ですし、特に無料イベントでは時間の都合上、早く握手を回すことが必要なので指示通りに普通に握手をしていても体は後ろから動かされます。ほーかるさんは若干の障害があるゆえに「強引に」と捉えられたのかもしれません。しかし、見た目は変わらないのであればやむをえないのではないでしょうか。有料のイベントなら高速ではないということはありませんが、障害が見て分かる人であれば配慮は必要だと思います。

その点で、上記のよみうりのイベントのスタッフはもっと配慮が必要であったと思います。しかしながら、ご本人さんこそ自分の状態が分かっていると思いますので予め現場の責任者の方なり、スタッフの人なりに言えば何らかの措置はとってもらえたのかもしれません。が、言ったか言ってないかは見ただけでは分かりませんが、もし言っていて何も措置が取られなかったとすればそれは何らかの改善が必要なのではないかと思います。かつてとあるハローの無料イベントで松葉杖の人が車椅子の人と同じく別に握手をしてもらっていたのは見たことあります。
しかし、障害に関しては、障害を証明できるものがあるなら別ですけど、ないのであれば区別するのは難しい問題なのではないかとも思います。握手のスピードがゆっくりめであれば障害を持っている人がふらつかないわけでもないと思いますし。


順番が逆になってしまいましたが、キュートのイベントでのことは、見てないですので詳しいことは分かりませんが、さすがに少し手を振り返しただけではつまみだされないとは思います。そこで立ち止まってずっと手を振っていたとかいう場合ならまだ分かる部分はありますが。もちろん、スタッフにも程度をわきまえる必要はあると思いますが、そのファンの人にも何らかの原因があったのではないでしょうか。僕はそう考えます。メロンの握手会に行けば最後に同じように斉藤さんが手を振って見送ってくれます。(無料のイベントでも。)そこで数回手を振り返すくらいなら何もされませんでしたし。


握手のスピードのことも含め、こういったことはやはり事務所に声を届ける必要があるかと思いますよ。

>ほーかるさん
はじめまして。
事務所宛ご意見箱でなくても、要望があれば掲示板の内容でもちゃんとFCに送りますので、いろいろな人の意見を聞くためにここを選んだことは正解だと思います。

>FCイベントの件
吹っ飛ばされた方はもちろんかわいそうなのですが、片方の意見しか聞いていないので、スタッフの側にどういう理由があったのか気になります。

詳しいことが解るまでは、何とも言えませんが、どんな理由があるにせよ、僕の今までに蓄えた知識の中からの話として、そのような対応をするのは人を扱うことが慣れていないスタッフなのではないかと思います。

握手会のときに流すスタッフも、ちゃんとした係員ではなく、事務所側のスタッフということも少なくないようですし、加減が解らなかったりするのかもしれませんね。

そしてほーかるさんが書いておられるように、ファン側にも日常的に問題がありますので、ファンもスタッフも改善するべき点は多々あると思います。

>障害をお持ちの方
目に見えて解る場合に配慮が無いのは明らかに問題だと思いますが、外見から判断がつかない方などは、入場時やイベント開始前など、できるだけ早い段階で事前に近くのスタッフの方に申し出たほうが良いかと思います。

時間があればそれだけ向こうもどのようにしたら一番いいのか考えてくれるでしょうし、障害を持っている方も通常のファンと同じ楽しみを得られるようにするのは当然のことですから、遠慮する必要もありませんよ。

>この件に関しての今後
できればもっと他の方の意見(障害者の方関連、握手会関連)も書いていただきたいですので、12月11日にFCに発送するフロッピーディスクに一緒に入れるつもりで考えています。

それから、12月4日に会場責任者の方とお会いできればその際にいろいろ伺ってみたいと思います。

あと、ほーかるさんのご意見から察するに、FCに直接意見を伝えられたほうがよいと思いますので、僕にメールを送っていただけますでしょうか。
できる限りの協力させていただきますのでよろしくお願いいたします。

かじゃさん>
丁寧にご意見いただき、ありがとうございます。ちょっと字数の関係もあり、十分言い尽くせない部分があったことは申し訳ないです。順不同ですが、少しずつ…。
私も現状の高速握手、及びそれに伴うスタッフ対応はおっしゃる通りアーティストの安全確保がまずはなされるべきで仕方ないという理屈はわかってるつもりです。それにせよ、他サイトでの議論を少し見ましたが、酷い扱いだと言う方がけっこういました。これは障害あるなしの問題ではなく。その扱いについても一応ある程度納得はしてます。しかし、アーティストの安全が確保された結果、スタッフの指示通りにちゃんと従っているファンが怪我をしても良い訳ではないはずです。粘るなどして迷惑をかけたなら自己責任でしょうけど。要はスタッフ対応も程度問題じゃないかと言うことです。怪我をさせてしまうほど、突き飛ばして良いとは私には考えられません。

しかし、かじゃさんの書き込みで現場によってはきちんと配慮してくれるところもあるのだということがわかったことは有意義でしたし、私自身やや一方的になっていた感もあり反省させられました。そして、ハロプロにもそういう現場があることを嬉しく思います。

障害に関しては障害者自身、そして専門職(例えば、障害者を支援するヘルパーなど)がもっと直接伝えていく以外ないなと考えさせられました。外見からはっきりわかるにせよ、ではどういう対応なら安全なのかは私なんかもアイディアを出していかないといけないなと。それがまた大変なことでもあるんですけど。

キュートイベに関しては握手会そのものも8月のベリよみうりランドレベルか、それ以上で私もちょっと危険な思いをしまして(相当引っ張られましたから)、全体的に対応がFCイベとしては行き過ぎな感がしてました。その直後の出来事でしたし、私自身余計その対応に焦点がいってしまったのかなと思います。このサイトやミスケンさんのプログなど読んでても、ファン側で気をつけなければならないことはたくさんあると思ってますので、あの時の彼らにもおっしゃるように何か場内でもっと原因があったのかもしれませんね。

確かに最終的には何らかの形で事務所に伝える以外ありませんね。いずれにしても、色々皆さんの意見を聞いてから伝えるにしても内容とか方法とか考えたいと思っていたので、ご意見いただき改めて感謝申し上げます。

確かに、握手会での対応は悪いですね。
障害を持っている方だけでなく、全ての人間に対して、と言った方がいいのではないかと思います。
皆さんの仰ってる通り、アーティストや会場の安全確保はスタッフの仕事です。
なので、トラブルの起きないように要所に係員が立っていたり、握手の際には、流れるよう促す動きをするのは、間違っては居ないと思います。
ただ、間違ってはいけないのは、客が居て、初めて成り立つ物であって、客の安全を守るのも、スタッフの仕事という事なのではないでしょうか?
それが、最近スタッフの皆さんの中で忘れられてるのかな?と思います。

確かに、握手させてたら、離さないような方もいらっしゃいますし、
アーティストや会場に様々な点で損害がでるような行為や、
規約を守らない方も実際多くいらっしゃるので、そういう方の対策だというのは重々承知しているつもりです。
ただ、高速での握手に関して言えば、メンバーに声をかける暇も無く、次のメンバーに回されたり、
自分の経験ですが、ベリーズ工房の握手会の時に、夏焼さんに握手することが出来なかったという事もあります。
それに加えて、背負っているカバンを掴まれて流そうとするので、健常者である、自分でさえ、吹っ飛ばされかけました。
障害を持っている方や子供には、それ以上に辛いと思います。

ファンのマナー改善と、スタッフの方の対応の改善、
両方が同時に上手くいかないと、難しい問題ですよね…


あと、スタンディングのライブやイベントで起こるモッシュ行為に関しても、小さい子供や、障害をお持ちの方は辛いんじゃないかな?と思います。
親子席の用意されている会場もありますが、無い会場や、売切れてしまって一般のチケットで入られて、苦労する方、多くいらっしゃるのではないか?と思います。
一部の公演では、最前列より前(柵の内側)に入れる等、子供さんに関しては対応して頂ける会場・公演もあるようですが、
実際、辺りに小さい子供さんが居て、スタッフさんに交渉してみるのですが、NOと言われる事も少なくありません。
モッシュに関しては、故意に行われる物もありますが、ジャンプしたりしているうちに自然に起こる小さなものもありますし、
「危ないから!」と怒鳴り散らすと言っては、表現が悪いのかもしれませんが、そのような口調で最終的に交渉しているうちに、押し通す事の方が、多いです。
怒鳴ってしまうスタッフの方には大変申し訳ないんですが、不慮の事故でも、ケガをさせてしまうかもしれないと考えるとどうしても、声が大きくなってしまいます。

ファンも、スタッフも、安全についてもっと考えた上で、融通が利いて、守るべき所は守る。
規則を守って、楽しいライブにしたいものです。

私はファミマ主催の握手会しか参加した事
ありませんがファミマの握手会では
私は交通事故で足を骨折していましたが
その時は親切に対応して頂きました。

非常に興味深いトピックでしたので書き込みさせていただきます。
基本的に、上に皆様が書かれた内容に深く同意いたします。我々ファン(観客)側のマナー低下が相当酷い状況になってきている現状から考えて、イベントスタッフの皆さんにおいても少々乱雑な扱いをせねばならない状況は、特に昨今増えて来ているのでしょうね。

ただ、やはり皆様のおっしゃる通り、「だからなんでもいい」というわけにはいかないわけで、特に個人的に問題であると感じるのは、一部スタッフさん側の、我々観客に対する見下したような対応です。
「こっちはカネ払ってんだからいーじゃねーか!」的な考え方は好きではないのでこのような事は言いたくないのですが、一部のスタッフさんには我々観客に対して非常に無礼な態度をとったり、失礼な物の言い方をされる方がいらっしゃるというのが、実体験から来る感想です。

もちろんスタッフさんも人間ですから、観客側の一部の非礼な行動を見ていて全体をその分子と同一視する傾向に陥ってしまうのは十分理解できるのですが……。
ホーカル様のおっしゃる、
>こういった危険な事態を引き起こすイベントスタッフの問題はその業者の組織風土、企業倫理によるものなのか、それとも業者に雇われているスタッフ個々人の資質によるものか、それとも両方なのか
という視点も僭越ながら興味深いですね。さすがに事務所さん側もこのような問題には既に考えられていらっしゃると思いますし、外注の企業さんにおいても同じだとは(四郎と考えながら)思うのですが、数十人単位でいるアルバイトを含むすべてのスタッフさんにプロ意識を持ってもらうのも、現実問題としては難しいのでしょうね。

少々トピックの主旨と離れてしまう書き込みとなってしまいました。申し訳ございません。

>西野ヒロシさん
>数十人単位でいるアルバイトを含むすべてのスタッフさんにプロ意識を持ってもらうのも、現実問題としては難しいのでしょうね。
自分は、イベントスタッフの同業者ですけども、所詮はアルバイトです。
現場のマニュアルのよっては、「一人一人がプロフェッショナルとし高い意識を持って仕事にのぞんで下さい。」とまで書いてあるぐらいですからね。うちの会社は。
アーティスト(事務所)・主催によって、担当する業者は決定していますし、いつも何度もあったようなことを考えると、個々人の資質というよりも業者そのものに問題があるような気がしていますけどね。

>翼のスタッフ様
なるほど、貴重なご意見ありがとうございます!
そこまで書かれているマニュアルもあるんですね、勉強になりました。
確かに各現場でよく目にするアルバイトらしきスタッフの皆さんについても、よく見かける方(僕もそう思われてるんだろうな……)も多くいらっしゃいますし、同じ業者の名前もよく耳にしますので、一度その業者のほうにも節度を保ちつつ要望を出してみてもよいかもしれませんね。

でも、トピックの原点に立ち戻って、握手会でのファンの流し作業(?)というお仕事を担当されていらっしゃる方は、という風に考えると、おそらく事務所直の方やセキュリティ系企業の方がほとんどだと思うので、要望の提出先に悩む所です……。

コメントを書く

  • *は必須項目です
  • プロフィールは左から順に年齢、性別、FC会員、イベント参加数、参加形態です
  • コメントは最大で全角5,000文字まで入れられます
  • 編集キーは投稿後の編集時に使用します
*お名前
プロフィール
メール
ホームページ
*コメント
*編集キー
ハートプロジェクト。netは著作権や肖像権を十分考慮し、ハロプロ関係の画像を一切使用しておりません
Since 2004/11/14 Copyright (C) 2004 - 2005 HeartProject.net All Rights Reserved
HeartProject.net / Mail / 管理者:ミスケン / twitter @misuken_now