ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net

事務所に意見を伝えるアーティストサポート型 ハロプロ応援サイト

盗撮盗聴問題を真剣に話し合うスレッド(46) 記事番号[6]

>>5 無名戦士さん
たしかに記念すべき公演を全てDVDで販売すれば、極わずかな影響を与えるとは思いますが、それが100%実現したとしてもファン側の意識が変わらない限り、ほとんど効果は無いと思います。

リボンの騎士のDVDは各メンバーの公演と、最終公演の小川卒業が入っていましたが、録音行為や盗撮が少なかったとは思いません…と言いますか、コマ劇場のご好意を裏切ってかなりの録音盗撮があったと認識していますし、どんなに貴重な公演のDVDや写真を販売したとしても、ファン側が非公式な物に手を出したらメンバーに迷惑が掛かることを意識して緊張の糸をもう一度張り直さない限り、これらの行為に改善が見られることはまずないでしょう。

例えファンが欲しいという全てが商品になったとしても、欲しい物が多すぎて買えないとなることは明らかで、大量販売への批判と、音源などでタダで済ませようとする人の増加は避けられないと思います。

そして、これらの問題は根本的には、みんなが最前列のど真ん中で見たいと言っているのと同じことなので、それが無いものねだりであることに気付かなくてはいけません。
本来は今のように欲しい物が手に入らないくらいが、金銭的にも我慢の度合いとしてもちょうどいいはずなんですけどね。


>押し付けについて
表現として押し付けは違うと思います。
最初にルールがあり、それに自らぶち当たって行くわけですから、自ら壁に突進していることになります。
自由に撮影や録音をやりたいのであれば撮影や録音が許可されているアーティストの公演に行けばよいのであって、無理にハロプロに拘らなくてもいいと思います。

さらに、盗撮や録音行為によってメンバーの悲しい現実を押し付けられるのは、ルールを守っているファンなので、事務所に不満がある気持ちはわかりますが、同じルールを適用されている対等な立場の他のファンにまで迷惑を掛けるのはちょっと筋違いな感じがします。

他のファンに迷惑の掛からない形で事務所に不満を解消するように要求するのが正しいやり方であって、そういった部分を気にせず直球に不満を解消しようとしてしまうと、逆にルールに則った正当な権利を守ろうとするファンから反発を受けることになってしまいます。


>事務所の運営面など
何をもって評価するかという問題があると思います。
最近は各メンバーごとにクローズアップしたDVDの販売や、自由に写真を選べる写真集など、前に進んでいないわけではないですよね。
ツアーのDVDも、できるだけ複数のバージョンを収録するなど、事務所側も努力は確実に行っているように感じます。
それらを評価し、盗撮や録音が減っている傾向が見られるならば、記念公演のDVD販売などで大きく改善される期待も持てなくもないんですけどね…。

それから、ハートプロジェクトとしてもイベント内容、グッズ、マナー、ゴミ問題、転売屋など、様々な問題について関係者の方に意見を送ったり話し合ったりしていますが、友達と違っていつでも自由に話し合いができるわけでもありませんし、時間も労力も物凄くかかります。
問題が上がる度に、どうすればいいのだろうかと悩み、いろいろな人の意見を聞きながら進めていったりしていますが、次から次へと問題がでてきます。

その間にも盗撮や録音問題は一人歩きしていくわけで、様々なファンからの事務所側への要望の結果を待つだけでは難しく、ファン側でもできるところまで同時進行で進めていく必要があると思います。

返信フォーム

  • *は必須項目です
  • プロフィールは左から順に年齢、性別、FC会員、イベント参加数、参加形態です
  • コメントは最大で全角5,000文字まで入れられます
  • 編集キーは投稿後の編集時に使用します
*お名前
プロフィール
メール
ホームページ
*コメント
*編集キー
ハートプロジェクト。netは著作権や肖像権を十分考慮し、ハロプロ関係の画像を一切使用しておりません
Since 2004/11/14 Copyright (C) 2004 - 2005 HeartProject.net All Rights Reserved
HeartProject.net / Mail / 管理者:ミスケン / twitter @misuken_now