ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net

事務所に意見を伝えるアーティストサポート型 ハロプロ応援サイト

2005/10/29 後藤真希 東京厚生年金会館

注意事項

ここで紹介している内容につきましては、会場責任者の方が個人的な意見として述べられたものであり、オフィシャル(公式)な意見ではないこと、一切押し付けや強制といったことを目的とせず、情報共有の観点から公開していることをご理解されたうえでご覧下さい。

更新状況

  • 2005/11/02 公開

会場責任者の方に伺った内容

はじめに

このページには、2005/10/29 に東京都の東京厚生年金会館で行われた「後藤真希コンサートツアー 2005秋 〜はたち〜」にて、昼公演前と夜公演の最中に、この日のために作成した2つの資料を会場責任者の方に目を通していただき、その資料について伺った内容を掲載しています。

なお、ハロプロパーティー長野の件(内容については左のリンク先から参照してください)について、当日会場責任者の方はその現場にはいらしておりません。
また、お渡しした資料は最低限の量であり、詳しい状況などはお伝えしきれていない部分もありますので、予めご理解いただいた上でご覧下さい。

昼公演前に伺った内容

ハロプロパーティー長野の件

「MCに対してのファンへの反応は必要だけど、それが1点に集中するのは、他のどんなジャンルのコンサートでも会場に来てくれているお客さんに対して失礼にあたる」

「ある程度場数をこなしてきたアーティストであれば、さらっと流せたりもするけれど、若い分そういうことが個人的に気になるところがあるかもしれない」

「まだそういうところの判断がちゃんとできないんだろうね」

「MCは自由に話ができて、その場のことを話たりしてメンバーとファンが互いに盛り上がるのはいいけど」

「今回の件がメンバーとファンどっちの責任かと言うのは難しい」

たくさん見ているうちの1公演という感覚について

「年間たくさんのコンサートを見てれば、同じ公演でも何か変化を求めたくなるんじゃないのかな?」

「果たしてその行為に正当性があるものなのか、その場の空気を乱すことになるのか、それは終わった後の結果でしかわからない」

「初日はちゃんと見て、最後の公演で派手なボードや横断幕などで全国ツアーお疲れ様コンサートにする方法論もいいか悪いか」

対話が難しくなっている

「今の人たちは人に物事を伝える話し方や自分の思っていることを表現する方法が『わからない』『できない』という人が多くなってきている」

「ケータイやメールなど情報ツールが発達してきて、時間や場所を考えなくても良くなったり、感情を含めた話をする機会が減ってきていて、お互いにどういう気持ちでのやり取りなのかが伝わらない」

「昔だったら家の電話しかなくて、相手のことも考えて夜中に電話するわけにいかないから電話する時間も限られていたし、時間を選んでいたし、電話しても本人が出ると限らず、親が出るかもしれないので言葉も選ぶ必要があった」

「待ち合わせをするにしても遅れたらその場に行って直接本人に面と向かって謝るしかなかったけど、今は遅れそうになったら電話で『遅れる』と相手に伝えれば済むことで、待ち合わせ場所に到着した時には謝らなくてもよくなっている」

「人との対話ができない人が増えてきたと、ここ半年くらい急に強く感じるようになった」

「マナーの悪い人やルールを守れない人に話をすることがあるけど、自分の思っている気持ちを相手に伝える表現方法や意思表示のやり方を知らないから、結果的に『うるせー』とかそういう言葉になるんだと思う」

「実際、ケータイやメールは現在には必要な通信アイテムだけど、『酒は飲んでも飲まれるな』という言葉があるように、物に使われてしまってはダメだよね」

「この間ニュースでも話題になった、『中国軍沖縄侵略』という嘘の記事をニュースサイトに似せて作った人がいたけど、深く考えずに『とりあえず書いちゃえ』とやったことが、大事になってから初めて気付く」

「『あんなの知識があれば誰でも数分でできる』『簡単にできてしまうのがいけない』と言う見方もできるけど、それは違う」

「やってしまったことに対して責任が取れるのか」

「人と人との接し方が失われてきていて、今非常に大きくなっていると感じる」

「問題を起こした子や、何かやってしまった子に話すときは『何でそうなったのか』『きっかけは何だったのか』最初から筋道立てて話をするようにしているけど、中には話をしたくないという人もいる」

「そういう人の中には触ってはいけないと言うか、手を出したら余計エスカレートしそうな人もいるので、様子を見ることもある」

ハロプロへの世間の目

「先日自分の会社でアルバイトをしている女性が、『ハロモニ。が楽しくてついつい見ちゃう』『でもあの会場の雰囲気は入りにくいよね』という話を聞きました」

「自分も本当に偶然、町の中でそういうようなハローの評判を聞いたこともあって、だんだんそう思われてきちゃっているんだなぁって感じる」

コンサートはメンバーとみんなの空間だと思っているから、違反させないためにより厳しくしなきゃいけないと思っても、憂慮している」

注意されないことはやっていいわけではない

「一部に『注意されないからやっていい』など、『注意されないこと=やっていいこと』と解釈している人がいるようですが」

「今日は係員40人体制でやっているけど、係員を50人とか60人とかにして通路という通路、ポイントというポイント全てに係員を配置して、規制規制規制、それでもコンサートが楽しめる?」

「他にも『試してみたらこんなところに来れました』といったことをする人もいるけど、『あなたは係員の仕事を増やしたいんですか?』って」

夜公演中に伺った内容

ハロプロパーティー長野の件

「個人的には公演中に騒いでて、アンコールの最中にスーツに着替えて待っているっていうのは面白いと感じる人なんだけど、下着一枚になったというのは世間的に許される行為じゃない」

「男性アーティストの会場では、女の人でも下着姿になったり水着になったりする人もいるけど、そういうことをするとその場の空気が沈むよね」

「それから、行進に関してはやっちゃダメだね」

「昔から何度も通路を行進している人はいたけど、ずっとうちの係りには『注意しろ』って指示を出していたし、パフォーマンス的には面白いけど、コンサートのマナーとしてはNG」

「仮想現実の世界から、実際にやってみようという気持ちになって、もしも問題になったら『出来心でしたすみません』と逃げればいいやって考える人もいるけど、そういう軽い気持ちで何気なくやったことが係員を増やすことにつながってしまったり、関係のない他のファンにまで縛りをキツくしてしまうことがある

ファンの声

「内容にファミリー席の意見も書いてあったよね」(お渡しした資料の中に)

「最初は親子専用の席だったけど、大人の人でも座って落ち着いてみたいという声があって、大人でも見られるように拡充したんだと思う」

「もしそういった声やお願いが少なければ、今でも変わっていなかったかもしれない」

「僕もこの1年間、毎週少しずつですがサイトに投稿していただいたご意見を何十回かFCにお送りさせていただいていますが、なかなか意見が集まらなくて…」

「FCに声を届けるのは本当に大切なこと」

「FCには何万人もの会員がいるけど、何万通りもの気持ちはなかなかわからない」

「この間の文化祭のときに初めて話をしてくれた子がいて、『FCの対応がどうしても納得できない』『公式サイトにこういう風に書くから、こういう行動をするんだ』という感じで話してくれた」

「話してくれればこう思っている人もたくさんいるということを伝えていける」

コンサートマナーについて

「テーブルマナーっていうものがあるけど、それと同じようにできないかなって思ってる」

「『テーブルマナーはどこで学ぶんだろう?』知らないことをどこで学ぶのか、『コンサートのマナーをどこで学ぶのか?』に似てる」

「コンサートの見方のマナーはどこが正しいのか?『飛び跳ねたい』『ボードをバンバン出したい』どこまでがマナーの範囲内でどこからがマナー違反なのか、誰も教えてくれない」

「ハロプロが始まる前の話だけど、ある男性アーティストの担当になったことがあって、担当になって少し経った頃に売れ始めたんだけど、出したCDが突然大ヒットしたので、今まで売れなかった時代からずっといたファンのところに新しく増えたファンが入ってきて、そこにはルールやマナーが一切無かった」

「そのアーティストさんはラジオのパーソナリティーをやっていたので、本人を見に来ている人、歌を聞きに来ている人、話を聞きに来ている人、それぞれに3パターンの目的があって乱れに乱れてた」

「ハローの子とかにも話すけど、『こうしてくれれば主催者側にも話を伝えられる』『こういうことをすると近隣に迷惑がかかったり、アーティストを傷つけることにつながるから怒る』というように、言い方がおかしいけど、ファンにルールとマナーを勉強してもらった」

ゴミの問題

「会場のゴミの問題に関しては、運営サイドももっと考えなきゃいけない部分だね」

「先日文化祭のゴミを携帯で撮ってブログに載せたところ(モーニング娘。文化祭2005 HPN版 エコクイズ)、物凄い反響がありましたが、相模大野大宮で同じように画像をアップしてもほとんど反応がありませんでした」

「大宮のゴミは本当に物凄かったです」

「今の人は熱しやすく冷めやすいから、継続的に粘り強くやっていかないと変わるものも変わらない」

「そう思ってこなかったら、自分も8年間もの長い間やってこれなかったと思う」

「その中には辛い場面も苦しいときもたくさんあって、あーでもないこーでもない、自分は人としてどうなんだろうと思い悩んだときもあった」

「ゴミの問題は根気強く続けていかないと」

「テロ対策や環境保護の関係で、どんどんゴミ箱が置けなくなって減ってきているけど、やはり良い物は残していかないといけないね」

ゴミを捨てていくことについて

「みんなにとっては非日常の空間で、その場にいるのは普段の自分ではないからゴミを捨ててもいいだろうという気持ちなっているかもしれないけど、自分のプライベート、部屋だったり職場で同じようなことをされたらうれしいか?」

「自分の部屋や会社の職場だったら、自分でやらなきゃキレイにならない」

「例えばマンションの前にゴミが散らかってていい場所ですか?そこに捨てられたゴミは誰が拾うんですか?これは公共の場所(会場)だって一緒」

「ゴミ掃除をしている清掃作業員の方の目の前でゴミを拾う姿を見ながらその場にポイと捨てる」

「人としてそれでいいのか?」

誰でも話はできる

「ネット上で話し合いをしていると、こうやって伺った話でもなかなか信じてもらえなかったり、伝わらないことが多いのですが…」

「解らない事とかがあったらいつでも聞きに来てくれればいい」

「誰でも聞きに来てくれて構わない、自分はいつもクロースじゃなくてオープンだから、いろんな人と話をする」

「横断幕を剥がして『今日はダメ』ということを話したりもするし、さっきから何人もここを通るときに挨拶していってくれるでしょ」(以前いろいろな用件で話をされた方々と思われる)

「オフィシャルな話はできないけど、個人的な話はするよ」

「それでみんながコンサートで一つになれたり、何か溜まったストレスが解消されるんだったら喜んで話を聞く」

「この間うちの係員にも同じようなことを言ったんだ」

「うちはみんなにすごく神経を使わせていて、何十種類もの言葉だったり仕草だったりを守らせているから、そういう環境で仕事をしているとストレスを溜まるし、ストレスを溜めて対応していると、すぐにお客さんの反応として影響として出てくる」

「今日は盛り上がってないなとか、スタッフもアーティストもすぐにわかるから、そうならないように何か溜まった物があったら何でも言ってきなさいってね」

「普段ファンは係員の方を批判ばかりしていますが、ファンにも係員の方のご苦労をわかってあげてほしいです」

「本当はそういう部分は見せてはいけないんだけどね」

最低限のマナー

「平等とは、最低限のマナーとは一体どこなのか」

「今日のこの会場でも、いろいろな意味でマークしている人間はたくさんいるんだけど、その日ごとに席によって問題となることが変わってくる」

「ルールは固定だから変わらないけど、マナーは変わる、場所によって全然違ってくるからね」

「1階の前方、1階の後方、2階の前方、2階の後方、その日、その場所、会場によっても違ってくる」

「コンサートっていうのは、みんなで楽しむ空間でしょ」

「みんなで心を1つにしなきゃいけない、みんな楽しみたいという同じ気持ちで来ている仲間なんだから、応援のやり方は違えど、仲間に不快感を与えるのは良くないことだよね

大宮ソニックの件

レーザーポインタを使用した客について

2005/10/23に行われた大宮ソニックシティでの「安倍なつみコンサートツアー2005秋 〜24カラット〜」昼公演にて、本人が歌っている最中に客席からレーザーポインタが当てられるという行為が発生したため、このことについて伺ってみました。

「そういうこともあったね」

「実は公演が始まる前から『レーザーポインタを持ってる客がいる』っていう連絡は入ってた」

「実際レーザーポインタを使われて、係員がそこ向かったけど、その後特に何もなかったからおさまったんじゃないかな」

「その客はレーザーポインタの使い方を知らなかったんだろうね」

最後に

ハロプロパーティー長野の件について

情報の発信源のページに、「下着一枚になった」という一文があるのですが、実際は誇張して書いただけでそこまではしていないという意見もあります。

実際に目にしたわけではないので、どちらが正しいのか僕にはわかりませんが、たとえ軽い気持ちの冗談で書いていたとしても、それが人に与えた影響力と言うのは取り消すことはできません。

偶然にも今回伺った内容の中に、そのことを表している部分があるのがとても不思議です。

ハートプロジェクト。netは著作権や肖像権を十分考慮し、ハロプロ関係の画像を一切使用しておりません
Since 2004/11/14 Copyright (C) 2004 - 2005 HeartProject.net All Rights Reserved
HeartProject.net / Mail / 管理者:ミスケン / twitter @misuken_now