ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net

事務所に意見を伝えるアーティストサポート型 ハロプロ応援サイト

事務所宛ご意見箱

他のアイドルさんとの交流 17年01月04日 21時18分

最近はモーニング娘。を始めとしたハロプロメンバーも
ハロプロ以外のアイドルさんとのコラボや交流の機会が増えているようで
私としても嬉しく思います。
先日放送されたFNS歌謡祭でのアイドルコラボも非常に楽しく拝見致しました。
事前にお互いの事務所同士で打ち合わせなども行われたことと思いますが、
夢の競演を観させて頂いたことに深く感謝致します。
ああいう外部への影響力の強い大型音楽番組への出演は
ハロプロの知名度や人気のアップにも貢献するものと思われますので、
今後も積極的な姿勢を見せてくれることを期待します。
幸いにもハロプロに好意を寄せてくれているアイドルさんは多いです。
そういう縁は大事にして頂いて、
ハロプロにとっても相手方のアイドルさんにとっても
良い展開になることを願ってやみません。「Win-Win」の関係になれると良いなと。
今度もモーニング娘。がHKT48の指原さんとコラボするようですが、
私は楽しみに待ちたいと思います。
こういう知名度や影響力のある人との交流は
ハロプロにとってもプラスになるんじゃないかなと思います。

ハロプロメンバーの写真集 17年01月04日 20時39分

最近発売されているハロプロメンバーの写真集の発売元は
オデッセー出版の物が増えているような気がしますが、
私としては発売元をワニブックスにして、
もっと既存のファン以外の一般の人の目にも触れやすい所に商品を置いて頂いて、
福家書店などの書店さんで写真集の発売記念イベントをやって頂きたいのです。
オデッセー出版の物だと主にハロショぐらいでしかお目にかかれませんし、
これでは既存のファンぐらいにしか写真集の存在を知られないのではと思います。
なんかこういうのは内にこもった商法というか、
メンバーを外に売り出すための積極的な印象を受けないのですよね。
既存のファンからとりあえず金を回収すればいいとしか思ってないのでは?と・・・。
牧野さんや生田さんらビジュアルの良いメンバーの写真集が
オデッセー出版なのは個人的にもったいないなと思ってしまいます。
彼女らを内向きな存在にしておくのはもったいない。
アンジュルムの室田瑞希さんの写真集にしたって、
オデッセー出版じゃなくてワニブックスを発売元にして
『こんばんわに』とかやれば良かったものを・・・。
いずれにせよ、写真集のセールスの分野においても、
もっと外を意識した展開をしてほしいなと思います。

コラボ賛成派の意見も聞いてください。 17年01月02日 11時38分

20代女性でコラボに否定的な意見がありましたが、僕は真逆の容認派です。

反対派もいる一方で、今回のコラボに賛成するファンがいるのも事実です。

その多くがハロプロと他のアイドルグループのファンを兼任しているファンです。

メジャーからご当地まで、多くのアイドルグループがしのぎを削るようになった現代では、ハロプロと他のアイドルグループとファンを兼任している人も増えています。

(例:ハロプロとスターダスト、ハロプロと乃木坂46)

僕はハロプロと48グループの兼ファンなので、今回のコラボに関しては歓喜しかないし、完全な自分得の最高の企画だと思ってます。

まぁ、一種のお祭り企画かなとも思います。

確かに13期メンバー最初の公式曲という問題点はありますが、それはモーニング娘。'17、63枚目のシングルを出した時に真の13期デビューだとファンが前向きに思えばいい事ですし、この程度の事でファンを離れる人間はハロプロをその程度のレベルでしか応援していなかったという事だろうと思います。

ハロプロはハロプロファンの私物ではないと思うし、今回のコラボを嫌でも反対でも受け入れるのが本当のファンだと思うし、今回のコラボが本当に嫌ならスルーして、今後もハロプロを応援していけばいいと個人的には思います。

コラボを相手側から依頼される事そのものは、受けるかどうかは別にして、大変光栄であり名誉な事です。

ファン一人一人が今回のコラボに理解を示し、成功だと言えるように終われる事を切に願います。

どうしてAKBのアルバムに参加なんかするの? 16年12月26日 18時06分

モーニング娘。20周年という大事な時期、13期のデビュー曲もまだというタイミングで、どうして他所のアルバム参加に快諾したのですか?

こんなんで名前が売れたってファンとしては嬉しくないし、事務所に売上の一部でも入るのですか?

プライドはないのでしょうか。

大事な新メンバーの初公式曲が他所のアルバムだなんて、歴史あるグループにさせることですか?

そんなにファンに離れて欲しいのでしょうか。

ファンの気持ちを無視した、最悪なコラボだと思います。

NHK紅白歌合戦出演について 16年11月24日 13時35分

今年こそと思っていたNHK紅白歌合戦に今年も落選してしまい
これで9年連続落選となってしまいました
そこで来年の20周年に向けて全員参加を目指すべきだと思います
他事務所に行ったOGや引退したOGも参加させてあげてほしいと思います。
無理だと思いますが宜しくお願いします

℃-uteの解散までの活動について。 16年11月15日 19時16分

℃-uteの新春コンサートの情報が先日入ってきましたが、今秋のコンサートツアーも含めて、東名阪での開催しかないのは、地方県住まいの人間として非常に寂しいなと思っているところです。

来冬のハロコンも参加しない事から、どんな活動をしてくるのか楽しみではありますが、このまま解散まで東名阪ばかりでコンサートやイベントを続けていく事は、あってはならない事かなと思ってます。

Berryz工房も活動停止を発表してから地方でナルチカを開催してますし、℃-uteもBerryz工房と同じように地方でナルチカ、あるいは最初で最後の地方県ホールツアーを開催する事を強く望みます。

解散するからじゃあ東名阪へ遠征しようという考えに地方県に住むファン全員がなるとは限りませんし、℃-uteを生で見たくても仕事とかで遠征ができないファンは全国にたくさんいらっしゃいます。

そういった事も踏まえて、最良の選択は何かという事を考えていただきたいです。

地方に住むファンは今後、さいたまスーパーアリーナに行くためにお金を貯める事も十分に考えられます。

全47都道府県開催は無理でも、できる限り多くの地域でライブなりイベントなり、開催できる事を切に願います。

全国のteam ℃-uteが満足できる形で、℃-ute解散を迎えられるよう、最大限の努力をよろしくお願いします。

嗣永桃子卒業後のカントリー・ガールズについて。 16年11月06日 11時39分

久しぶりに意見を出したいと思います。

先日、嗣永桃子さんがカントリー・ガールズ及びハロー!プロジェクトからの卒業を発表しました。

8月に稲場愛香さんが喘息でグループを離れ、嗣永桃子さんも来年6月で卒業となると、今のままだと5人だけでの活動となってしまいます。

カントリー・ガールズも一時期は期待が持てたのですが、稲場愛香さんの脱退と嗣永桃子さんの卒業発表で一気にこの先が不安になってきました。

カントリー・ガールズの活動そのものは問題ないとは思いますが、やはり嗣永桃子さん卒業によるファン離れは確実で、人気面などではすごく不安に思います。

嗣永桃子さん卒業の前にハロプロ研修生からカントリー・ガールズに昇格加入させるか、娘。13期最終審査落選者から1人か2人加えるなどして、新メンバーを入れた方がいいかなと僕は思います。

あと、ライブツアーの公演数も他のハロプロユニットに比べても本数が少ないです。

嗣永桃子さん卒業の前にできる限りでいいので、まだカントリー・ガールズとしてライブが開催できてない地域でライブを開催してほしいです。

宮崎でライブ開催があったのに、鹿児島でライブ開催が未だにないのは鹿児島住まいの人間にとっては心苦しい事なので、カントリー・ガールズの鹿児島公演は是が非でも嗣永桃子さんがいるうちに実現させてほしいなと思います。

もちろん、開催できるという保証はないだろうと思いますが、自分の気持ちをまっすぐに伝える事が大事かなと思い、今回意見を出しました。

いろいろな意見があるかと思いますが、何卒ご検討よろしくお願いします。

カントリー・ガールズについて。 16年09月17日 07時34分

久しぶりに意見を出させていただきます。

カントリー・ガールズについてですが、8月に稲場愛香ちゃんが喘息に伴いグループを離れ6人体制になりましたが、これまでの活動を見ていて、本当にこの先カントリー・ガールズは大丈夫なのかな?と思うところが多々あるように見えます。

人気の面でも、話によれば前回の春夏ツアー、東京と大阪の分のチケットがだいぶ売れ残ったという事ですが、これじゃ先行きを不安視するのも無理はないと思いますし、東名阪のライブハウスでチケット完売できないんじゃ、地方公演も集客見込めるはずがありません。

やはり無駄に多すぎるCD発売イベントや発表の時期と開催の時期が遅すぎる単独ライブツアー、そしてファンクラブイベント。

全てにおいて開催の時期やタイミングが悪いと思います。

もちろん、他のハロプログループとの兼ね合いもあるので、難しいところはあるかと思いますが、もう少し考えて活動させていかないと人気も上がっていかないですし、嗣永桃子ちゃんがグループを卒業してしまったらどうなってしまうんだろうと考えると不安しかありません。

期待されていた島村嬉唄ちゃんが突然グループを離れ、梁川奈々美ちゃんと船木結ちゃんが入ったものの、稲場愛香ちゃんも喘息でグループを離れてしまい、また逆風にさらされてしまった事態にファンも意気消沈せざるえないような感じだったと思います。

今のカントリー・ガールズには勢いが感じられないし、このままだとライブツアーの開催はますますできなくなる可能性が高いので、新しいメンバーを加えて何かしらの起爆剤が欲しいですね。

ハロプロ研修生から誰かを昇格で加えるか?
あるいは一般募集を募るか?
あるいは奥の手として、他のアイドルグループからメンバーを移籍で獲得する方法もなくはないですよね。

モーニング娘。の13期オーディション受験者の中で誰か1人獲得するという手もなくはないと思うので、新メンバー加入させてグループに活性化を持たせるというのも一つの手ではないかと思います。

あと、チケットが売れ残った原因として考えられる事としてライブツアー開催の発表のタイミングの悪さもあるのではないかと個人的には思います。

やはり初日の1ヶ月くらい前というのは、ファンも予定が段々と決まりだしている頃だと思いますし、そんな頃に後々ライブツアーの日程を入れられても対応に困りますし、日程が重複した人はライブに行くのを回避せざるえません。

最悪でもツアー初日の約2ヶ月前にはライブツアーの日程を発表できる体制を整えておかないと、ファンも対応に苦しむと思いますし、行きたくても予定が重なって行けないという人が続出すると思います。

あと参考程度になれば幸いですが、僕もライブイベントや握手会イベントに行くときは、大体2ヶ月前までには行く事が決まっているケースが多いので、カントリー・ガールズの担当者の方にはその辺も踏まえて考えてほしいなと切に願っております。

2014年以降のモーニング娘。ツアーにおける神戸の扱い 16年08月24日 05時00分

以前にも同じ様な意見を、投稿しました。
しかし全く何ら改善されない様なので、改めて投稿させていただきます。




モーニング娘。のコンサートについて、グループ名の後ろに西暦の下2桁が付くようになって以降、神戸では全く開催されていません。



2つの要因が、考えられます。

1つは主催者に付けられないほど、関西の各放送局との関係が余りにも疎遠すぎる。

もう1つは、神戸で開催されない事実を全く重く真摯に受け止めず軽く流すか無視する、または重く受け止めても『モーニング娘。公演の神戸開催は論外』など何らかの圧力が掛けられている。


西隣の人口70万人の岡山市では3年連続かつ東隣の大阪市は一極集中、なのに大阪市内から30キロしか離れていない人口150万人を擁する神戸が飛ばされるのは、どうかと思います。

第12期メンバーがステージデビューした思い出の地なのに、人口60万人の鹿児島市や人口30万人の盛岡市以下とは何と言う扱いでしょうか。


正に甚だしい冷遇の極致の典型、もはや大阪市内の会場が確保出来ないときの特別な例外しか全く不可能でしょうか。



モーニング娘。ツアーが神戸でも多く開催されるためには、意識改革や人員の配置転換などが必要だと言わざるを得ませんね。

これからの先の人材発掘について。 16年07月30日 11時51分

久しぶりに意見を出したいと思います。

ハロプロ研修生北海道が先日発足された事は大変喜ばしい事であり、人材発掘という観点から見ると、かなり大きな事であると思います。

ただ、まだハロプロ研修生北海道は発足したばかりで、この先が未知数なので、まだ何とも言えないのが実情ですが、ハロプロ研修生北海道にある程度手応えをつかんだら、中部、関西、九州などにもハロプロ研修生を発足させてほしいなと思っています。

近年、ハロプロの人材発掘における風当たりは年々厳しさを増しているように感じており、このままで大丈夫だろうかと心配しています。

モーニング娘。のオーディションも一回では人材が発掘できない状態が続いていますし、可能性を認められハロプロ研修生に入るにも関東から遠い地域に住む人は引越しが大変で研修生には入れないという状態になっているものと思います。

近年は上京しなくても自分の地元、あるいは同じ地区でアイドルグループのメンバーになるケースも増えているように感じていますし、地方拠点のアイドルグループが全国区になるケースも多くなってきています。

これから先、優秀な人材はAKB48や乃木坂46系のアイドルグループやスターダストプロモーションなど、より有名で人気の高いところに行く可能性が高くなるだろうと見ているアイドルファンの方もいらっしゃいます。

ハロプロのパフォーマンスは素晴らしいけど、ファンとしてずっと楽しんでいたいという女性ファンの方も多くいる事だろうと思います。

そういった意味でも、より人材発掘をしやすくする環境づくりというのが、今のハロプロには必要ではないでしょうか?

当然、今すぐには無理だと思いますが、ご当地アイドルや地方拠点の有名アイドルグループが増えている状況も踏まえて検討するべき時に来ているのではないでしょうか?

ご意見が多くあります−続々編− 16年07月21日 12時02分

(13)ハロプロ研修生
ハロプロ研修生北海道が始動しますが、中京と北陸から西の府県向けに研修生の受け皿を立ち上げても良いかと思われます。
レッスンと平行してハロショ大阪店員などの経験を積ませるのですが、ご検討を宜しくお願い申し上げます。
(14)ハロショ大阪店の写真コーナー
特にアンジュルムの写真、何枚か一番高い位置にあって見辛かったです…。
並べる位置を低くするか脚立などの踏み台を用意して、全ての人が見易いような工夫をしていただければ幸いです。
(15)もっとPRを
ハロ!ステ、JAPANハロプロNETWORKの宣伝を積極的に願いたいものです。

ライブハウスツアーは継続で。 16年06月26日 07時18分

匿名さんの意見に反論するような形にはなりますが、ライブハウスでのツアーはこれから先もずっと継続してもらいたいです。

ライブハウスツアーで助かってるのは何だかんだ言って地方住まいの人間なんですよね。

地方住まいのファンもいちいち人口の多い首都圏、名阪、福岡や仙台などの各地方の主要都市に出なくてもライブを楽しめるようになったのは言うまでもないと思います。

中には自分の住んでる県から外には行けないというファンも大勢いると思います。

しかし、人口の少ない田舎県(都市部から遠いエリア中心)での地方公演はファンクラブチケットの申し込みも100人いくかいかないかの状況で、一般チケットも完売する事はないようですので、ホールツアーに切り替えになってしまったらもう人口の少ない田舎の地方へは来なくなるんじゃないかと懸念せざるえません。

鹿児島の場合、6月にJuice=Juiceがライブを行いましたが、やはりチケット完売には至らず、後ろは広くスペースが空いて暴れたいファンが陣取っていましたが、今のJuice=Juiceの人気を考えたら鹿児島公演の平日約200人は良い方だと思います。

ホールだったら行きたいけど、ライブハウスは行きたくないという意見はおそらく、ほとんどが東名阪、都市部住まいのファンの意見だと思います。

厳しいようですが、ライブハウスでの公演を軽い熱中症になってライブを心底楽しめなかったのは、自分の体調管理などが悪かったのでは?と言わざるえません。

僕自身はハロプロのライブやコンサートは何回も行ってますが、ライブハウスでもホールでもアリーナでもドームでも対応はできますし、コンサート中に体調を崩した事は一度もありません。

とにかく、地方住まいのファンにとってライブハウスでのライブ開催は何よりの楽しみです。

今のハロプロの人気ではホールツアーができる地域は東名阪や主要都市に限られると思いますし、今のままホールツアーのみに切り替えると、昔の繰り返しになってしまうかと思います。

自分の住んでる県でのライブ開催は、地元住まいのファンからすれば、他の都道府県での開催されるライブよりも特別なものです。

ですので、今後も地方住まいのファンのためにも、ライブハウスでのライブツアー開催は継続してほしいなと思います。

ご意見が多くあります−続編− 16年06月26日 06時48分

(7)ファンと運営スタッフとの距離を縮める
以前にも増して、ファンとコンサートなど各スタッフとの距離が余りにも離れすぎています。
縮めるためにも、年に1回は意見を交換する場を設けられるか、アンケートを集めるのも良いかと思われます。


(8)さらなる注意事項の強化を
たとえば『過度なジャンプなど観戦態度が悪すぎると、二度と開催できない可能性がある』などの文言をFCチケット申し込み案内書に記載、場内放送や開演前VTRの告知など、ファンの態度の是正を求めたいものです。


(9)ホールツアーを同じエリアで開催する場合は、なるべく会場間の距離を長くする
今年の℃-ute春ツアーは座間と相模大野の極めて近接した会場で開催されたのは、以前に書きました。
2005年のモーニング娘。秋ツアーにも、大阪国際会議場と建て替え前のフェスティバルホールで開催の事例がありました。
両会場は徒歩20分ほど、小田急の相武台前と相模大野の間よりも余計に近い距離です。
今年のモーニング娘。春ツアーが開催されたNHK大阪ホールと新装のフェスティバルホールも、比較的近いですよね。
なるべくならば…、南関東と関西に関しては20キロから50キロ離れたほうが良いですね。


(10)ハロプロ大晦日公演
2014年12月31日のHello!Project公演ですが、第1部の大阪と神戸同時開催は無謀だったように思われます。
メンバーだけではなく、お目当ての歌手を見るためにファンも移動をした様です。
大晦日公演を複数の会場で開催される場合、以下の様に設定すればメンバーとファン双方の負担が減ると思われます。
・第1部…神戸で13時開場、14時開演
・第2部…大阪で22時開場、23時開演
・公演時間は3時間から3時間30分
・すべてハロプロメンバーのみ出演


(11)大都市圏におけるナルチカについて
地方のライブハウスにおけるツアーも継続を希望しますが、大都市圏のツアーについても工夫が欲しいですね。
例えば高槻や岸和田や奈良や愛知県一宮市、越谷や市原のような1500人から1700人収容、あるいは神戸や尼崎のような2000人収容のホール会場でモーニング娘。のナルチカを開催されてはいかがでしょうか…?
・1部は12時30分開場の13時30分
・2部は16時30分開場の17時30分
・なるべくフルで新曲を中心に15曲ほど披露、終演後に握手会
・ツアーグッズも、並行して販売する
・エグゼ向け招待なしで、DMのチケット受付あり
・チケット代金は、6000円代に抑える
のような形態が、最良でしょう。
警備の問題もありますが…、特に関西において大阪一辺倒の解消が全く不可能であるならば、こういった開催の方法を検討されても良いかと思われます。


(12)日本武道館公演のグッズ売り場
昨年あたりからハロプロの日本武道館公演のグッズ売り場が1か所に減らされましたが、混雑緩和のためにも女性とファミリー向け売り場を復活できないでしょうか。
ご検討を、よろしくお願い申し上げします。

中規模のホール会場でライブorコンサートツアーを行ってみては? 16年06月25日 08時31分

以前にも何度か投書させて頂きましたが、再びライブハウスツアーについての意見を出させて頂きます。


昔はハロプロの各グループほぼ全てで年に1〜2回ホールツアーが行われていましたが、この春のアンジュルム・Juice=Juiceのツアーの組まれ方をみる限り、ライブハウスツアーである程度安定して動員が見込めるようになればホールツアーに昇格という方向性にシフトしたことが窺い知れます。
しかし、Twitterなどを見る限り、「ホールでのコンサートツアーがあれば行きたいけど、ライブハウスには行きたくない」という考えのファンも一定数いらっしゃるように感じられます。
私自身も以前にライブハウスでのライブで軽い熱中症気味になって心底ライブを楽しめなかったことがあり、それ以降ライブハウスツアーへの足が遠のき、カントリー・ガールズやこぶしファクトリーなどの若手グループについては少なからず興味はあるのにライブハウスが苦手なためにまだほとんど長時間のライブを観ることが出来ていません。


そこで提案させて頂きたいのですが、関西圏で言えば御堂会館やエル・シアター、名古屋圏で言えば東別院ホールなど、数百人〜1000人弱の規模の着席式のホールでツアーを行ってみられるのは如何でしょうか?


先に書いた窺い知れる方向性を言い換えれば、「まだホールクラスの会場を埋めるには動員力不足だから、まずは数百人規模のライブハウスツアーから」というお考えなのかもしれません。
しかし、ライブハウスツアーだと窮屈だけど、かと言ってホールツアーだと埋め切れないので安定して動員出来る前者に、という二元論ではなく、その中間の中規模のホール会場でもライブツアーを行えば、見えづらいとか怖いなどとライブハウスに偏見を持っている方にも多少は来てもらいやすくなるのではないかと思います。


もし万が一「それが出来るなら今頃とっくにそうしているよ、でもそうはいかないからこんなツアー日程を組んでいるんだ」という事情がおありなら仕方がありませんが、どうか今後のツアー日程を組むにあたってこの意見も参考にして頂きたいと思います。
よろしくお願い致します。

モー娘。次の新曲のセンターについて 16年06月24日 23時53分

 私はモーニング娘。'16を中心にハロプロを応援してます。特に1えりぽんと2どぅーが推しメンです。そんな私の切なる願いは、二人のダブルセンターです。二人は本当にイケメンで、可愛くて、格好良くて、女性ファンの人気も非常に高いです。先日二人との3ショットチェキに参加しましたが、人数がが他のチームよりも圧倒的な人数で9割女性でした。

 私は後々になって思いました。「この二人のダブルセンターはきっと多くの女性が大喜びし、ネットやツイッター上で大きな話題になるだろう、そして、女性ファン急増のみならずオリコン週間一位なること間違いなし」と。

 私だけではなく、多くのファンが二人のダブルセンターを見たいに違いありません!えりぽんもサブリーダーとして歌やダンスも非常に頑張ってると思いますし、どぅーも以前より様々な面で良くなってると思います。

 どうか次の新曲は、えりぽんとどぅーを同時センターにしてあげてください!そして、そんな多くのファンの願いを叶えてください!お願いします(>_<;)!!どうかご検討願います!!(>_<;)

コンサート、ライブ、イベントにおける観覧ルール改定について。 16年06月21日 08時54分

またまた意見を出させていただきます。

今月ですかね?

℃-uteコンサートツアー千葉公演において、迷惑なジャンプ行為を働くファンがいて、あまりの見えなさに怒りを覚えたのか、女性ファンが帰ってしまう自体になってしまった事はご存知かと思います。

また、先月のこぶしファクトリーのライブツアーで、鹿児島公演ならびに宮崎公演においても、迷惑となるような行為を働くファンの方もいらっしゃって、せっかくの地元公演を台無しにされた感が否めません。

これから先、ハロプロは女性ファンも多数増やさないといけないと思います。

地方住まいのファンも大事にしないといけないだろうと思います。

その迷惑行為をするファンのTwitterなどを見てみるとまぁ、自己中心的な発言ばかりで本当に呆れてしまいました。

スタッフに注意されたら、スタッフに罵声を飛ばし、自分の行為をされるのが嫌ならライブビューイングに行けなど、もう許されない事だらけです。

こういった事が続くようならば、ジャンプ行為そのものを禁止にするしかないと思いますし、周りの迷惑となると思われるような行為も今まで以上に厳格に規制する必要があるかなと思います。

ただ、ジャンプ行為そのものの禁止によって、コンサートで今後パフォーマンスしにくくなる楽曲も出るだろうと思いますので、そこは十分な配慮が必要だと思います。

あと、サイリウムを頭より高く上げる行為については、ハロプロのライブにおける文化も考慮して、禁止にするべきではないと考えてます。

メンバーも本当にファンによる周りの迷惑を考えないような過度なジャンプ行為を喜んでるのかどうかも疑問ですし、これを喜んでいるようなメンバーは本当にファンをたくさん増やしたいのかと疑問に思ってしまいますね。

ここはハロプロ所属の全メンバー、全スタッフらと一度話し合いの場を設けて、ファンの多くが一部の迷惑ファンによる迷惑行為に苦しんでいる事を確認していただきたいなと思いますし、コンサート、ライブにおける観覧ルールの見直しをしていただければありがたいなと思う次第です。

人材発掘及びハロプロ研修生について。 16年06月17日 00時06分

先日、モーニング娘。新世紀オーディションは該当者なしに終わり、ハロプロ研修生への新メンバー加入もなかったみたいですが、やはり人材を集めるだけでも大変な状況になってきているのではないでしょうか?

再募集も開始されましたが、今度も該当者なしに終わるのではないかと懸念しています。

ハロプロ研修生も一体何のためにあるのだろうとも思ってしまいますし、ハロプロ研修生から娘。正規メンバーに昇格ができないのであれば、ハロプロ研修生の存在意義って何なのでしょう?

ハロプロ研修生のメンバーもモーニング娘。に入りたい、デビューしたいという想いから頑張ってると思います。

事務所が方向性を見失ってるようではダメだと思いますね。

NGT48や欅坂46などの誕生で、今まで以上に逸材探しが難しくなってきていると個人的には思っていて、いい意味での妥協点を見つけていかないと、逸材はいつまでたっても現れないと思います。

諦めない、ブレないというのは簡単ですけど、どこかでか諦めもつけないと、方向性も見失うと思います。


それと、ハロプロ研修生ですが、メンバーの出身地が首都圏、名阪、北海道に固まっていて、大阪より西の地域の出身は広島の段原瑠々ちゃんただ一人なんですよね。

もう少し、大阪より西の地域からも逸材を発掘していった方がいいと思います。

九州地区や四国地区は東京から遠くて、他の地域よりも引越しのハンデを抱えてる事も十分承知してます。

だからこそ、九州・沖縄地区や四国地区などからもハロプロ研修生に加入しやすい環境を作ってほしいですし、事務所が九州地区や四国地区などでの活動をもっと強化できるようになってほしいと思っています。

ご意見が、多くあります 16年06月16日 20時49分

(1)℃-uteコンサート開催地について
昨年の秋と今年の春ツアー、小田急小田原線沿線の複数の会場で開催されました。
特に今年の春は、わずか2駅の間と非常に近い距離の座間と相模大野での開催でした。
現在のメンバー5人全員が埼玉県または千葉県の出身とは言え、南関東に偏り過ぎている感が否定できません。
東京公演については、千秋楽の日本武道館のみで十分と思われます。
偏りの是正を求めたいものです。


(2)天候悪化による公演中止の告知について
2年前の話で恐縮ですが、10月13日は台風接近の可能性があったのに、公演延期の告知が余りにも遅すぎます。
時間は、伝聞で申し訳ないのですが…。
Juice=Juiceの周南…当日の朝
Berryz工房のナルチカ徳島…前日のナルチカ松山夜公演のラスト
℃-uteの大阪…当日の未明
モーニング娘。静岡は開催を強行して昼は行われたものの夜は開場を延ばした挙げ句に中止、平日に浜松で代替開催されました。
いくら当時は連休だからといって、情報の伝達が遅すぎるのは、遠方から来られる人が困ります。
空振りでも良いので、開催地が台風の予想進路に当たるならば、遅くとも前日の未明か朝など早い段階に開催の中止を判断されればと思います。


(3)FCの新規入会を増加するには
スペシャル会員はカード審査の関係で申し込み書類を取り寄せる関係で仕方がないのですが、一般会員やジュニア会員に関しては郵便局に備え付けている振り込み用紙で、すぐ新規入会も可能にするのも手だと思います。


(4)関西圏におけるメディア展開について
2年前の春からモーニング娘。コンサートツアーは関西において大阪一極集中になっているのですが、最大の要因は毎日放送以外の各放送局との関係が極めて疎遠になっているのではないかと思われます。
かつて番組内でチケットの特別受付を行っていたFM大阪、レギュラー番組が放送されていたABCラジオとの関係が、特に当てはまるでしょう。
もっとも、放送局側の方針ならば止むを得ないのですが…。
中京圏のCBCラジオのように、もっと親密な関係を築き上げていただきたいものです。


(5)夏と正月のHello!Project公演について
夏と正月に共通する事項ですが、ハロプロの各メンバーとコンサートスタッフは7大都市の同じ会場で開催してもマンネリ感を感じられないのでしょうか、心配でなりません。
次に正月に関する事項ですが、1月2日の中野サンプラザ公演について、1回公演ではなく2回公演はできないのでしょうか。
1回目を11時開場の12時開演にすれば、遠方の人も多く来られるでしょう。
ご検討を、お願いします。


(6)ハロプロメンバーの体調管理の徹底を
このところ、怪我やインフルエンザなどの病気で欠場が相次いでいます。
健康診断を年に2回、定期的なフィジカルトレーニングを取り入れられてはいかがでしょうか。

モーニング娘。のパフォーマンス(特に歌)について 16年06月05日 12時18分

モーニング娘。メインで、ハロプロ全体的に応援しています。

アンジュルムの武道館とモーニング娘。の武道館を両方見ましたが、モーニング娘。の歌唱力の低下は目に余ると思います。
ここまで歌唱力にばらつきがあるのはモーニング娘。だけではないでしょうか。
ちゃんとレッスンすれば伸びそうな子は多いと思うのですが、事務所はモーニング娘。のパフォーマンス向上をどう考えているのか、正直疑問です。

ハロープロジェクトの看板を背負っているのはやはりモーニング娘。ですし、モーニング娘。どうしちゃったの?って思われてしまうのはファンとしても悲しいです。

握手会やチェキ会等のイベントを精力的にやったところで、肝心のパフォーマンスがグダグダであれば継続してCDを買う客も、ライブに来る客も増えないと思います。
(顔だけよければいいというファンは一定層いるかもしれませんが…)

モーニング娘。のメンバー含め、関係者全員で危機感を持ったほうがいいのではないでしょうか。
モーニング娘。の現状に一番危機感を持っているのはファンだと思います。
ユニゾンの要だったズッキが抜けた後が心配で心配で仕方ありません。

いい曲もたくさんあるのに、今のメンバーが歌うとイマイチだな…って思われるのも思うのもイヤです。
ファンだからと言ってすべてが許せるわけでもありません。
なんとかしてください。

℃-uteのコンサート・ライブについて。 16年04月23日 19時49分

℃-uteのコンサート・ライブについて意見を出したいと思います。

前にも意見を出させていただきましたが、℃-uteのホールツアーは依然として首都圏、福岡、広島、仙台などの都市部ばかりの開催で、岡山、新潟、鹿児島などの地方県でホールツアーを開催できる雰囲気が全く出ていません。

そればかりか、どんどん後退していってるような感じも受けます。

3年前は福岡市民会館でコンサートができるなど、地方県でのコンサート開催に向けて前進したかと思いましたが、3年前の秋からは人気が衰退していき、今年春ツアーは名古屋でのコンサートも空席があったという話も聞いております。

コンサートホールでの地方公演開催が難しいのであれば、ホールツアーの開催を減らして、ナルチカを増やして地方公演に力を入れるか、ホールツアーからライブハウスツアーに丸々切り替えるなどしていかないとダメだと思います。

若手グループのアンジュルム、Juice=Juice、こぶしファクトリー、カントリー・ガールズらが地方進出を強化する中、℃-uteはこのままでいいのでしょうか?

確かに℃-uteは昨年、47都道府県制覇を成し遂げましたが、1回やって終わりではダメですし、定期的に地方公演はやっていかないと、若手のグループにファンを奪われかねません。

人間は2年もすれば気持ちが変わる事はザラにありますし、℃-uteへの気持ちが冷めて、他のグループに行ったファンもたくさんいると思います。

更に言えば、九州は熊本地震の影響で高速道路の復旧に時間がかかるため、鹿児島や宮崎のファンは福岡へ行くのが普段より難しい状況になっています。

先に復旧する九州新幹線を使うにも運賃が高いので、しょっちゅう乗る事はできません。

℃-uteも地方公演を再開してほしいなと思いますし、こういう時だからこそ地方公演をやるべきではないかなと思います。

ハートプロジェクト。netは著作権や肖像権を十分考慮し、ハロプロ関係の画像を一切使用しておりません
Since 2004/11/14 Copyright (C) 2004 - 2005 HeartProject.net All Rights Reserved
HeartProject.net / Mail / 管理者:ミスケン / twitter @misuken_now