ハロプロ サポートサイト ハートプロジェクト。net

事務所に意見を伝えるアーティストサポート型 ハロプロ応援サイト

[1] 中野サンプラザでのトレーディング禁止の件について(22) 07年01月08日 23時13分

↓2007/01/06 ハロコン 中野サンプラザ
http://heartproject.net/staff/20070106.html

この件について何か意見のある方はこちらのスレッドを使ってください。

実際に店を広げている方や、よくトレーディングを利用される方、全くトレーディングを行わない方など、いろいろな立場の方で話し合うことで、何かいいアイデアが生まれるかもしれません。

このお題へのコメント

22 件を表示

トレーディングは行けば毎回買ってますけど場所によっては他の利用者の方のじゃまになってるって思ったりしてますが、お店広げている人が居ないと困るのもあります。

今回でいうと、メンバー一人につき4個7種類のトレーディング物が出ていて、それを当たるまで買い続けるのは金銭的に不可能で誰かと交換という助け合いをしなければ手に入れられないと思います。

数を出しているのだけが原因にならないと有りましたが、それが大きな原因だと思いますよ。
会場からトレーディングの注意を受けているのに前回の夏のハロ紺より種類が増えるというのは、売る側がそのことを本気で問題視しているのか疑問に思います。

会場ではトレーディング禁止と言ってましたが、あんだけ売っておいて禁止って言われても「自分らはこんだけ言ってますよ」って言う中野サンプラザに対するパホーマンスにしか見えないし、それでも辞めない客の方に責任転換してるように思えてしまう。
この状況で言われると「欲しいならひたすら買い続けろ」って聞こえる。

ごみ問題ですが、なんでトレーディングポスターの袋が銀色の中の見えない物になってしまったのでしょうか?
ちょっと前まで透明の袋だったので出してもその袋に入れて持ち運べたのに、今は出したらただのゴミになってしまいます。
こうゆうちょっとした事でゴミはへらせるのではないでしょうか?

会場に対して迷惑を掛けているのは事実なので双方がちゃんと考えていかないといけないですね。

ルールを決めても、守らない人がいるからダメな訳で、それなら罰則を作るしかないでしょう

まじめな話し、金銭の授受は違法になるんですが、放置状態ですし

>>3 みらさん
さすがに罰則は難しいのではないかと思います。

>放置状態
中野では金銭でやり取りしようとしているところを会場の警備員が止めに入っているところは見ましたよ。


>>2 キャメラブさん
僕も最近ちょっと買って交換して集めているので、お店を広げている人がいるのはありがたいですね。

今回中野でトレーディングが禁止になってしまったわけですが、今回に関して言うと成功というのは元から無かったんだと思っています。

トレーディングの名が付いているのにトレーディング禁止というのは最初から矛盾していますから…でもそれを短時間に解決する術も無かったわけで、何が一番の問題なのかはさておき、今までの蓄積なんでしょうね。

グッズを作っている方もさすがにトレーディングできる会場が無くなっても売り続けるくらいの考えは無いと思いますが、そういった会場で起こっている問題をどういった形で認識しているのかによりますね。

または、立場の違いかもしれませんが、現在のグッズの量であっても十分迷惑を掛けずにトレーディングが成り立つと考えているのかもしれません。

いずれにしても双方の意見を理解しきれていないということはありますね。

はろぶろさんから来ました。当事者ではない立場から意見させていただきます。

確かにマナーの問題はあると思いますし、会場側の困惑もよくわかります。しかし、あれだけの人数を相手にしていれば、その中にマナーの悪い人が出てくるのは当然の事だと思います。これは何もハロプロに限った事ではありません。数が集まればそのうち何%かは常識のない人がいるものです。路上にある踏み消された吸殻の数を見ればよくわかりますよね。

トレーディンググッズを販売している事でそうなることはハナからわかりきっている事ではないでしょうか。トレーディング場所を用意せずにトレーディンググッズを売ることが最大の理不尽だと私は思います。オークションでやりとりしてくれという事なんでしょうか?オークションを一番嫌悪しているはずのアップフロントがそういう立場でよいのでしょうか?
最近は「トレーディング」ではなく「コレクション」と書かれていますが、それは言い訳にはなりません。コレクションするためにはトレーディング行為が必要不可欠な販売方法だからです。

根本的に大きな問題があります。購入した方がトレーディング行為の禁止を知るのは大半が購入後ということです。会場に行った時には既に広げている人がいますし、それはここでトレーディングできるんだという購入動機になっているでしょう。例えば販売時に販売員がひとりひとりに「敷地内でトレーディング行為できませんがよろしいですか?」と聞いたらどれだけの人がそれでも買うでしょう?
トレーディングできると思わせた上で販売してから禁止というのは詐欺まがいと言っても過言ではないでしょう。明らかな有利誤認(景品表示法違反)です。会場側からトレーディング禁止の要請があるのであれば、アップフロントは販売所が混雑しても確実にわかる目立つ位置に「会場内トレーディング禁止」の告知をするのが義務ではないでしょうか。

>>4ミスケンさん

>さすがにトレーディングできる会場が無くなっても売り続けるくらいの考えは無いと思いますが

今回の売り方のように注意だけして売り続けそうな気がします。

>>5シェナーさん

>オークションを一番嫌悪しているはずのアップフロント

グッツに関してはそうでは無いと思ってしまいます。
最近はツアーの追加グッツに通販が無く会場限定になってますしトレーディング物も会場別で出たりしてますし。
通販用の在庫の売れ残りを持つより数量限定にしてプレミア付けて売り切る方を取っているように感じます。
そうしてオークション用に大量買いさせて売れ残らないようにしてそうです。

>告知をするのが義務
売り上げも大部分を占めているであろうトレーディング物の売り上げが下がるようなことをするとは思えません。

これはゆがんだ考え方なんですかね?

>>6 キャメラブさん
>これはゆがんだ考え方なんですかね?
実際のところ実態とあっているはわかりませんが、ファン側の視点から見たらそう見えても決して不自然ではないので、キャメラブさんの意見に同意される方も結構いると思います。

>>5 シェナーさん
う〜む…困りましたねぇ(笑)
この間友達と話をしたときに、係員から「あれはダメこれはダメ」とダメなことばかり言われても、何ならいいのかわからないと言っていたように、ファンからも「こういう形ならいいのでは」という提案が少ないのかもしれません。

トレーディング場所の確保に関してですが、この間係りの人と話してきた内容だと、座ると占拠という問題が出てくるらしく、できれば立ってやってほしいみたいなんですね。

詳しくは聞いていませんが、立ってトレーディングをすれば、すぐに移動ができ、それほど場所を多くとらなくてすむので、邪魔になりにくいということみたいです。

その場合、アルバムなどに収納してトレーディングを行うことになりますが、ある程度手持ちにも制限が発生するので、どれくらいの種類までなら無理なく可能なのか、ファン側から意見があれば一つ話が前に進むと思います。

例えばその方法をファン側の努力で実行したとしても、今回の中野の量のトレーディングを出されたら難しいとか、トレポス1種、写真1種くらいならできそうだとか。

ファン側の視点から見た具体的な提案があると向こう側が改革するときにもズレが少なくなったり、スピーディーになったりするのではないでしょうか。

みんなグッズには不満を溜めていると思うので、なかなか一歩引いて考えにくいのも無理はないんですけどね。

全てにおいて言えるのが、トレーディング商品の多さ
ではないでしょうか。

今回に限って言えば、52種が3つ、26種が1つ
これだけの種類があれば、自分の好きなメンバーを引くのは容易ではありません。

当然店から買った方がいいとの考えも生まれます。
お店も大きくなり場所も取ります、ゴミも多く発生します。

会場責任者の方の問題点の改善案として

>金銭の授受・通行の妨げ

交換スペースを確保し、基本的にその中でのみ交換可能とする、他の場所で行った場合には移動を促す。
あわせて、一般通行者への妨げの解消

スペースの確保出来ない会場では、トレーディング行為禁止告知の徹底

場所が限定される事で、監視体制には置いているとのアピールにもなります。
ですがこれだけの種類が出ている状態だと係員の見回り回数を増やすなどの方法しか無いかも知れません。

>ゴミ

・ゴミ袋(箱)が少ないのが、問題だと思います。
人の心理上、ゴミが捨ててあればそこがゴミ箱じゃなくても捨ててもいいとの錯覚に陥ります。

ゴミ袋(箱)を増やし捨てる所を作ってあげれば
ゴミの散乱は少しかも知れませんが少なくなるのではと思います。



ファンが考え提案していくのもいい事だとは思いますが
個々によって違う考えを持っていますので
やはり事務所側が一定のルールを作り、その上でファンが意見し改善すると言った形の方がいいかと思います。

やはり最大の問題はトレーディンググッズの多さでしょうね。そもそもトレーディンググッズなんて無くても困らないんですけどね。ただ、あれば推しメンの物が欲しいというのがファン心理。だから買ってしまうんです。それに問題をさらに複雑にしているのがパターン別であること。今回のように引きとアップと2種類あったりサイン入りと無しとかとにかく多すぎること。とにかく売る方に一番の矛盾を感じます。トレーディングがダメなら一切販売しないのが最善策だと思います。

ただ今回は中野だけの問題で他の会場では特に問題がなければルール作りとかしてもあまり意味が無いでしょうね。


賛否両論、自己弁護になるかもしれませんが書きます。

僕はお店を広げてる人、いわゆる「業者さん」です。

店を広げている理由について、僕なりの意見を…

当然、誰でも推しメンのグッズは欲しい訳です。
現場参戦回数の多い方だったらお分かりでしょうが、最近のグッズは写真だけでも「日替わり」「会場別」等かなり種類が増えていますよね。
そしてトレ物もピンポス・タペ・フォトフレーム・ステッカー等が発売され、あまつさえ第2弾以降も発売されている状況です(娘。のカレーツアーのフォトフレームは第5弾までありました)。
去年夏のBerryzツアーでは、「日替わりトレーディング物」まで出現しました。

自力だけでは到底無理ですよね。
今回のワンダフルでも一人に付き7種類のトレ物がありました。
出費を抑えて推しメンのトレ物を揃える一番有効な方法が「お店を広げる」事なんです。
場数を踏んで、それなりにテクも上がってきました。
「お客さん」だった昔より、トレに対する出費はかなり減りました。

自分の都合だけではありません。
あるメンバーが自分にとって推しじゃなくても、他の人の激推しだ、というケースは多々ありますよね。
皆さんの仲間内でもそうだと思います。
店を見に来る人たちは、みんな推しを探してるんです。
交換をした人は、ほとんどが「ありがとうございました」と言って喜んでいます。
ぶっちゃけ言うと「要らないメンバーが自分の推しになってくれた」訳ですから。
店を出している僕も、店に来た人も、両方ともメリットがありますよね。
「お店を広げるのは良くない」「通行の邪魔になるから店を出すな」と書いてる方たちや、書かなくとも思っている方たちにお尋ねします。
自分自身や友人が、トレ物を買って、近くの店に交換しに行ったことはないですか?
交換して、推しが入手できて、喜んだことはないですか?
ない人のほうが少数だと思います。
お店が全くなくなったら、大多数の人は困るんじゃないですか?

次に、何で「広げ」なきゃならないのか、という事ですが…

はっきり言って「広げたほうが回る」からです。
一度でも店に行った方なら分かるでしょうが、ボードなどに「このメンバーとこのメンバーを交換します」とだけ書いてある店と、実際にトレ物を広げてある店が並んでいたら、どちらに先に目が行きますか?
広げてあるほうの店に先に目が行くと思います。
両方の店に自分の欲しいものがあったとしても、広げているほうの店に行きますよね。
というより、書いてあるだけの店に同じものがある、という事すら気付かないと思います。
こちらとしても「交換したい」から店を出してるんです。
今書いたように、「広げると広げない」という2つの店の出し方に明らかに優劣がある以上、僕は広げるほうを選択します。
「通行の妨げになっている」との見方ですが、店を広げている場所は、殆ど敷地の端です。
中野に限って言えば、時計台の下。
あそこは「通路」じゃないと思います。
サンプラザの入口の真ん前に店を出していれば邪魔でしょうが、時計台の下をわざわざ通行する人はいるでしょうか?
時計台の下以外の場所で店を出していた人も、階段の縁に沿って出していました。
正月の中野のあの混雑ぶりからして、階段の縁の店が仮に全てなかったとしてもスムーズに通行はできないでしょう。

次に、警備員の話です。
いろんな場所で店を広げていて、いろんな警備員と話をしました。
ダイレクトに「撤去しろ」という警備員もいますが、「仕事だから言わなきゃいけないんですよ」と言った警備員も少なからずいました。
言質を取るつもりはありませんが、警備員の意識の中に「どうせ店を出すなって言っても出すんだろうな」「言っても店をたたむわけじゃないしな」という考えが少なからずあるように思います。
「出したい気持ちは良く分かります」「黙認するしかないでしょうね」「せめてもう少し場所を小さくして下さい」という言葉も警備員から聞きました。
警備員も店側もなんとなく「なぁなぁ」でやっているのが現状です。
実際、中野のワンダフルでは午後2時過ぎからは警備員は殆ど何も言わずに巡回だけをしていました。
言うほうも言われるほうも、正直本気じゃないんです。

少し纏めてみます。
まず、トレーディング物の販売を続ける以上、どうやっても店はなくなりません。
決して店を出している側のエゴではないと思います。
トレーディングという、不確定要素の高い性格の商品を、交換せずに揃うまで買い続けられる人はそうそういないでしょう。
事務所が、交換「しなければならない」商品を販売する以上、店はなくなりません。
2005と2006の文化祭に行った方は分かると思いますが、あのときは「トレーディングエリア」が設けてありました。
場所取りのために、始発でみなとみらい駅に向かいました。
僕を含め、店を出したい人たちはイベント列をスルーしてトレのエリアにダッシュしました(本当は走っちゃいけないんですけど…)。
僕の見た限りでは、エリア外で店は出ていませんでした。
区切れば、そこに収まるんです。
事務所が気付かない訳はないと思うんですが…

これは店側の見方でしょうが、事務所側の怠慢さも否めない事実としてあると思います。
なぁなぁで、結局黙認してしまっている今の状況に対して、有効的で建設的な対策を打ち出せていないのですから。
事務所側と僕ら店側、非難される割合は50/50じゃないでしょうか?

ちょっと逸れますが、僕は現場でゴミを放置したり、お酒を飲んで騒いだり、外でヲタ芸を打ったり、トレ物の売買はしていませんので。

僕の意見を総括します。
「トレーディングを売るなら、各会場にトレーディングエリアを設けろ」
これが、現時点で会場にいる全ての人が何とか納得できる最良の策ではないかと思います。

長くなりました。
お読み頂いた方、ありがとうございます。

>>10 店主さん
店主さんには少々書き込みにくい雰囲気の掲示板だったと思いますが、
投稿していただいてありがとうございます。
とても簡潔で内容の濃い投稿だったので、自己弁護というよりは、現在の状況のありのままが書いてあり、
グッズをやらない人にとっても理解しやすい内容だと思います。

自分もなかなか友達以外でお店を広げている人とお話をする機会がないので、とても興味深い内容でした。
詳細については少し時間が足りませんので、後日お返事いたします。

>>9 ろんたこさん
誰が悪いというのは抜きにして、例え中野サンプラザだけであっても
こういう事態は少し異常だと思うんですよね。
他の会場が大丈夫なら今のままでいいというのは、
中野サンプラザが過剰に反応していると言うことになるのでそれは無いかと思います。

トレーディング物をそもそも販売しないというのは究極的な解決法ではありますが…
それができるならこんなにたくさんは売らない気もします(笑)

>>8 うさPさん
たしかに、スペースのあり方やその日の状態が毎回しっかり告知されていれば、
多少なりとも良い方向には進みそうですね。
できない会場では「できません」とキッパリ言ってくれた方がいいというのもうなずけます。

ゴミ箱に関しては中野はそこそこ多めに用意してあるので、
もう少しファン側でなんとかならないかなと思います。
全然ゴミ箱の無い会場もありますが、消防の関係で置けないとか、
そういった制約が無いなら多めに置いてほしいですね。

最後に、事務所側から一定のルールが示されるのは理想ですが、
そのルールを考える上で実際に受け手であるファン側の視点からの意見がしっかり伝わっていなければ、
出来上がったルールが機能するかは微妙だと思います。

そして、ファンもこういった問題をしっかり認識しておくことで、
ルールに対しての理解も進むのではないでしょうか。

>>10 店主さん
何度も内容を読み返していますが、現時点での問題点を正確に映し出している内容なので、あらめて僕から何か伺うことも無さそうです。
他の方の意見も含め内容をまとめ、チャンスがあるときに会場責任者の方などと応答を開始していきますね。

今回の内容を投げかければ、必ず何か新しい答えが返ってくるはずなので、
その際も是非ご意見をよろしくおねがいします。

>事務所の怠慢
たしかに事実だと思います。
もっとできることはあるはずだし、十分努力しているとは言えませんね。
しかし事務所側を弁護するわけではありませんが、怠慢の背景に存在しているものも考慮する必要もあると思います。
人手不足なのか、人材不足なのか、資金不足なのか、単にその部署の担当者に問題があるのか。
まぁ…ファンが足を踏み入れる部分ではありませんが。

十分努力している人もいるでしょうし、努力したくても何らかの理由でできないということもあるでしょう。
そういった面をしっかり切り分けて考えたり、一定の理解を示すことは大事だと思っています。
なぜなら、逆の立場から見たらファン側にもたくさんの怠慢があると僕は思うからです。
しかし、その怠慢と感じている物には様々な理由が含まれており、一概に全てが悪いとは言えません。
立場の違いを理解してくれる人となら打ち解けて話せても、一方的に批判されては溝は深まるばかりです。

なかなか難しいことだとは思いますが、ファンも事務所もお互いに理解が深まっていく方向になってほしいです。

事務所なりの回答なんですかね。
http://www.helloproject.com/newslist/yokohama_0701241330.html
全面禁止とか難しいだろうですからね。現実的解決策としては、これしかないでしょうね。
トレーディングをしない自分としては、見た目的によくないし、導線の邪魔になることも多いですから全面禁止でも、いいと思っていますけど。

敷地内の指定された場所限定だと、アリーナクラス以外の会場は、全面禁止にするかもしれませんね。

>>13 翼のスタッフさん
このタイミングで公式発表があるとは思いませんでしたが、内容もしっかり書いてあるので良かったです。

これで、ある程度は現在おかれている状況と、今後の方向性について、把握できるようになりましたが、やっとスタートラインに着いた感じなので、これを機にファン側との話し合いの場も増えていくといいかなと思います。

ファン側とすれば、「転売」の定義はどこからどこまでなのかといった意見を持つ人はたくさんいるでしょう。

会場限定や日替わり限定など、友達に頼んだり、どうしてもほしい人が多いからネットで売ったり(利益目的ではなく)といったことですが、最初から答えを求めるのではなく、向こう側の考え方をしっかり把握していけたらいいのではないかと思います。

横アリ行ってきました。

トレーディングスペースが有ったので会場周りがごちゃごちゃしてなくてよかったです。

でもあんなにいろいろな所にゴミ袋があったのにゴミがそこいらに落ちていたのが不思議でなりません。
会場側があれだけの準備をしてくれたのでこんどは客側がちゃんとしていかないとですね。

あれだけ転売するなと言っといて日替わり写真が販売2時間くらいで売り切れるってどうなんでしょう?
これだと欲しい人は転売で手に入れるしか方法がなくなってしまいます。
初めて売るんじゃないんだからもうちょっと考えてください。

>>15 キャメラブさん
さすがにトレーディングスペースに加え、大量のゴミ袋設置によって、会場前は普段よりだいぶすっきりしていましたね。
それでも座り込みが多かったり、ゴミが落ちていたのは残念でしたが、大きな進展だったと思います。

一気に変わることは無いと思いますが、こういった空気は少しずつ浸透していくはずなので、ファン側の意識も徐々に変わっていくと思います。

>日替わり写真
そうなんですよね…僕も昼公演で開場直後に中のグッズ売り場に並んだんですが、すでにのんちゃんの日替わりは売り切れだったようで中では全く売ってなかったみたいです。

もうこういうときはキッパリ諦めることにしてます。
一ヶ月くらい経てば、忘れますから(笑)

トレーディングスペース・大量のゴミ袋設置等の対応をしてくれた事は、今後も継続されるといいですね。


トレーディングスペースに関しては
もうちょっと余裕をもった間隔にして欲しかったですね、狭すぎて移動するのが大変でした^^;

あれだとなんか起きた時に、逃げれないと思います。
今後はそう言った部分も考えたスペース設置をお願したいです。

今回の件に限らず、今、モラルやルールについてファンが試されていると思ってみてはいかがでしょうか。

いくらルールを言っても聞かないファンの存在。
このために、事務所が無駄に予算をかける必要をまったく感ません。

「事務所の怠慢」と、他人のせいにするのは簡単ですが、そこまで面倒を見る必要があるのでしょうか?

ルールを守れない人は搾取されるか、一時的に勝ち抜くか。

仮に業界外への利益流出を避けるために、モラルのない人同士で自然淘汰させるのが目的だとすれば、いずれ、数%の勝ち組も大量の在庫を抱えることになりますね。

今、中野のアイドルショップでは大きく仕入れを絞っています。

最終的には、コンテンツホルダーとしての事務所1人勝ちになる仕組みなので、ここをご覧の方にのみ「ヤフオクに慣れ親しんだみなさんは要注意」とだけ言っておきます。

>>17 うさPさん
トレーディングスペースに加え、ゴミ袋もかなりあったので、だいぶ気を遣ってくれたみたいでしたね。

たしかにスペースが狭くて、移動が大変だったのは僕も体験しましたが、入場制限くらいしか手立てがないような気もします。
ファン側も今回のような打開案を無駄にしないように、生かそうとする努力をしていってほしいですね。

>>18 ゆたかさん
ちょっと変わった視点からの意見ありがとうございます。
僕もそういった見方をしている部分もありますので、よく理解できます。

とは言っても、ファン側が全て悪いとも言い切れない部分もあると思うので、バランスの問題ですよね。
事務所側もできる限りファンの声に耳を傾ければ、ルールを守っている人にも恩恵があるでしょうし。

逆にファン側は事務所批判や他人任せが過ぎれば結局損するのは自分たちであることとか、なかなか理解してもらいにくい部分ですが、事実だと思います。

ヤフオクの使い方もいろいろあるんでしょうけど、自分では気付かないうちにヤフオクに使われているような人は特に要注意な気がします。

はじめまして。

トレーディンググッズについてですが、ネット上で、公式のトレーディングスペースを作ってくれたらなと思います。FC会員限定で。ネット上ではトラブルも多いでしょうが、場合によっては退会処分、再入会拒否ってこともできますから、ある程度管理できるんではと思います。もちろん、手間もお金もかかりますし、はじめたら簡単にはやめられないですから、なかなか難しいかもしれませんが‥。

そもそも、”トレーディング”物の楽しみって、コミュニケーションにあると思います。自分はグッズに関心のないほうですが、でもコンサート行くとトレポとか1枚くらいは買ってしまいます。ヲタ友達とのコミュニケーションのネタになりますから。そういう場としても、ネット上の公式トレーディングスペースは有効だし、建設的だと、思うんですけどね‥。

ていうか、こんな案、既出?;;


>>20 mmnさん
はじめまして。
なかなか大胆な意見ですね(笑)

少し前にはチケットでネットにそういう場が公式であったらいいのではないかという話を耳にしたこともあります。

そういった大規模なシステムの場合、似たようなモデルが先にあれば、リスクマネジメントもできますし、同業界だけでなく、異種業界であってもシステムとコンセプト自体は変わらないので、モデルとして参考になるものがあれば不可能ではないかもしれません。

しかし、どちらかと言えばお金よりも完成までに時間の掛かるものだと思うので、いずれそうなるかもしれませんが、まずはそれまでのつなぎが大事かもしれませんね。

>>21 ミスケンさん

まったくの思いつきで書いてしまいましたが、その後自分なりに見て回った結果、個人運営のトレード掲示板というものは、ハロ系含めて、いろいろな種類のグッズにおいて、数多く有るようですね。でもグッズの販売元が運営するトレード掲示板というのは、今のところ見つかりません;(もしかすると、どこかにあるのかもしれませんが‥)


ところで、このスレで取り上げられている、ハロプロのコンサートグッズにおけるトレーディング物の特徴について、自分なりにまとめると、こんな感じになるのではないかと思います。

旬の期間(欲しい期間)がとても短い。

基本的に、特定の場所でしか手に入らない。

全体のうち、欲しいものはごく一部。

欲しいモノはとても欲しいし、欲しくないモノはまったくいらない。

「欲しいモノ」の種類は、まったく人それぞれ。

販売数、購入者数が限られていて、しかも購入者は全国に点在している。

公式に認められている、トレーディングスペースは無いに等しい。

これらの特徴を考えると、例えば正直にオクや店を使わないというポリシーを貫いている人が、欲しいと思っているうちに、手に入る特定の場所で、全体のうち”とても欲しい”物だけを手に入れるのは、とても難しいことのように思います。そしてハズレた場合に、全国に点在する限られた購入者の中から、お互いに望ましいトレードを成立させるのは、自力では、これまた困難なことに思えます。

‥この現状では、店やオクの出品が無くなるとはとても思えません。やはり、少なくとも、「禁止」するだけではなくて、「コレならOK」という例を提示しなければならないと思います。例えば、公認のトレード希望のプラカードを販売するとか、会場で貸し出すとか、もっと簡単に、印刷して使用してもらう為に、トレード用の画像を公式HPに載せるとか、簡単にできることはいろいろあるのではないかと思うのですが‥。何かしら代案が提示されれば、逆に、店の取り締まりを徹底的にしても、不満は出ないのではと思います。


>>22 mmnさん
いろいろお調べいただいてありがとうございます。
やはり公式に行うモデルとしては難しいのかもしれませんね。
たとえ場を提供するだけであっても、トラブルが発生したときに個人責任の範囲として受け止めてもらえる人は少なかったり、詐欺など大きな事件があった場合は公式サイトの管理能力が問われてしまうので、大きな企業ほど難しいのではないかと思います。

>グッズの入手について
たしかに、今現在地方の方はかなり苦労されていると思いますし、その人の生活環境によっては入手が極めて困難な物も少なくないことはすごく良く理解できます。

しかし、ほしい物が全然手に入らないのもキツイですが、何でもかんでもオークションで買いすぎるのも問題ですよね…。
そこのバランスはちゃんと意識しないと自分達が苦しくなってしまうので、物によってはあえて買わないという姿勢も時には必要かもしれません。


オークションに関しては、あまりに繁栄しすぎたことによって、規制が入っているとも考えられなくないでしょうか。
必要悪のはずが、いつの間にか必要以上に利用されていると判断されていても不自然ではないです。

例えば、転売屋からのグッズ購入などの問題はどうでしょう。
関東に住んでいても、地方に住んでいてオークションを使う人のほうが容易に手に入ったり、逆に地方限定の商品が地元の人が買えなかったのに関東の人が手に入れていたり、そのようなときはかなりの苦情が事務所にあったはずです。

また、グッズの量に関しては、転売を利用するスキームがある以上、少なく作れば転売屋が介入し、多く作れば介入しない、つまり過度に不足するか過度に余るかのどちらかになるはずです。
それではどちらに転んでも困ってしまいます。

「売れる量を予測する」云々というのは、あくまでファン側の善意によって支えられる物だと思うので、転売を減らして売れる量の予測値を立てやすくし、ロスを減らして適切な量をほしい人の手に可能な限り行き渡るようにしたほうが建設的です。
もちろん地方の方のために一定の量が出回るのは有りだとしてですが。

そして「コレならOK」というのは必要悪と言える程度の取引に収めるということなんじゃないでしょうか?
極端な話で言えば「オークションはダメだけどトレーディングスペースならOK」というのは答えでもあるので…。

100を取ろうというのは無理ですが、50なのか70なのか80なのか、相手の意見や立場を理解した上で調整を行っていけば、0になることはないし、70や80でも満足できる結果になるかもしれません。

このままファンと事務所が意見を交わさずに進んでいくと、ますます良くないルールができていく可能性もありますが、それはファンのみならず事務所にとってもよい結果にはならないはずなので、対話の必要性をできるだけ多くの人に感じていただけたら幸いです。


>最後に
今回書いた意見は事務所よりな感じが自分でもしますが、対話をする上ではこういった温度の内容は普通に出てくると思います。
少しムッとされる方もいらっしゃるかもしれませんが、違った視点から見られるチャンスだと思っていただけると助かります。

僕ももっといろいろな立場の人の意見を吸収していかないといけないと思いますし、事務所もいろいろな立場のファンのことをもっと理解するべきですよね。

コメントを書く

  • *は必須項目です
  • プロフィールは左から順に年齢、性別、FC会員、イベント参加数、参加形態です
  • コメントは最大で全角5,000文字まで入れられます
  • 編集キーは投稿後の編集時に使用します
*お名前
プロフィール
メール
ホームページ
*コメント
*編集キー
ハートプロジェクト。netは著作権や肖像権を十分考慮し、ハロプロ関係の画像を一切使用しておりません
Since 2004/11/14 Copyright (C) 2004 - 2005 HeartProject.net All Rights Reserved
HeartProject.net / Mail / 管理者:ミスケン / twitter @misuken_now